Report

2016-02-02 18:33:00

 

 単行本が校了となりました。
 昨日深夜遅くまで日本ヴォーグ社のN女史とパターンをダウンロードしながらチェックし
 朝は朝で心配で目が覚め最終チェックを・・そして本日午前校正終了です。
 パターンは一字一句はもちろんのこと線1本間違えられないので
 目を皿にしてチェックにチェックを重ねました。作り方手順もできあがった原稿を
 PCでやりとりして手直しを重ねましたがどうしても言葉ではメールではらちがあかない時は
 「明日、そっちに行くから・・」なんてことを繰り返し・・・
 私が教えなくても良いくらいわかりやすい良いパターンに仕上がりましたよ。
 作品写真部分の美しさもさることながら細部にまでN女史が愛情を持って生み出してくださいました。
 校了となった後の彼女宛てのメールに「ぎゅっと抱きしめてあげたい!」なんて思わず書いてしまった!!
 後は印刷上がりを楽しみに待つのみ。
 仕事終わりの解放感と満足感と終ってしまった淋しさと・・・
 

 例のパーティー用ネームタグも着々と進んでいます。
 早い方は刺繍部分を刺し終えて提出なさっています。お教室ごとの色違いが花糸で可愛らしい!
 仕上げもカルトナージュをなさる生徒さん方にご意見を聞いてこちらもバッチリ準備OK!
 頼もしい方が周りには沢山いらしてミソノは安心安心。

 

   

2016s021.jpg