Report

2016-02-08 17:04:00

 

 自宅教室にお通いのKさんは昨年夏の終わりに
 「せんせ、こんなのがあるのだけど・・・」と半製品をお持ちになりました。
 聞けばお嬢さんがロンドンから刺繍好きのママのために買っていらしたとか・・
 廻りが三つ折りに処理をされた半製品の麻生地の幅広のランナー。
 「ここにねわあーっとハーダンガーして 中央に淡いパ―プルの花糸で
 クロスステッチのお花をポンポンととばしたいの・・・」とリクエスト。
 よおし、やってやろうじゃないの。。とオトコマエミソノ、パターンを起こしました。

 

 半製品は周囲の仕上げが終っているので気は楽な反面、ぴったりと中心を合わせるのが
 至難の業。適当に…が出来ないKさんとミソノはまず中央探しから・・
 その上、端の始末がまっすぐじゃない。。。
 まっすぐじゃないのをどう目立たなくするか・・・
 しつけの数でカウントしながらハーダンガーの部分をきっちり割りだしまっすぐじゃないところは
 アジュールで地刺しを。
 ようやくクロスステッチのところまでこぎつけました。
 

 

2016s024.jpg

 

    あと少しポンポンととばす花糸のパープルのお花が5つ並んで終了となります。