Report

2017-04-27 18:14:00

 

 すぐに動き出したお教室の準備でとりあえず自宅リビングは片付けましたが
 見えないところはまだいろいろと・・・
 期間中、またはその後も沢山のメールを頂戴しました。
 一番多く使われているワードが『興奮』
「1度しか足を運べなくて残念だったわ~」「興奮して眠れずまた来ちゃいました。」
「友人が先生とお話しできた~と興奮していたわ。」「ここに住みたい!」・・・

 

 場所を決め見取り図を作りお借りできるアンティーク家具の配置を決め
 シーン別にテーマを作り色を決め、まず私の作品を置きそこにぴったりのお花を入れていく。
 そんな順番で作り込んだ空間をご覧くださった皆さんが
 興奮して見てくださったのかと思うと涙がこぼれます。
 とてもやりがいのある仕事でした。
 最終日撤収の時も「まだこの空間とっておきたいね・・・」とスタッフと話しながら
 作業を進めました。

 

 実はこれらを画像に収めカレンダーを作る計画があります。
 お楽しみにお待ちになってください。

 

 

      2017s104.jpg

 

 

 このReportはどなたにお届けということはないけれどきっとミソラーと呼ばれる
 生徒さん方をはじめ一部の方々がご覧に・・と思っていたのですが
 「いつも拝見しています。」「初めてお逢いしますがいつも拝見しているので初めての気がしません。」
 とかお声かけいただきとても嬉しかったです。そして求められるままに3回も握手を
 してしまいました。。。恥ずかしかった。。。
 お1人の方は「先生の手を握って針への気持ちや技術が乗り移ります様に・・・・」と
 言ってくださいました。こちらこそ明日への励みとしてパワーいただきました。

 

 私の仕事は刺繍をする。刺繍を教える。それ以外にも皆さんにパワーをお分けする。
 ことなのだと改めで感じる今日この頃です。