Report

2017-07-25 16:41:00

 

 いつもご紹介しておりますが長津田教室に行きますと私が一番チビッ子!
 皆さんこの暑い中をお休みもせず地区センターまでの坂を上ってお通いくださいます。
 本当に刺繡を愛していらっしゃるのだな・・・とそれがわかるだけに手が抜けないというか
 真剣に向き合わないと・・と私自身も背筋が伸びます。
 もちろん作品もどんどんと出来上がります。

 

2017s078.jpg

 Kさん ただいまこの作品は他教室でもとても人気!カット後の模様が
     3種類それぞれに凝っています。

        

              2017s231.jpg

               こちらもKさん  先日ご紹介したトラちゃん1号の方ですが  
               前後してどんどんお刺しになっていらっしゃいます。
               早い上に素晴らしい手をお持ちです。

 

2017s144.jpg

 Hさん  ドイリーのパターンをアレンジして長いランナーに変身させました。
 使用した糸の白と残った茶色の生地の色のコントラストが面白くでました。

 

 

            2017s215.jpg

            Sさん フィレの練習をしたいのよ・・・とおっしゃるので小さなフィレに
            ドロンワークをあわせてフレームにお入れになりました。
            葡萄の柄に合わせ後ろのマットはボルドー色に・・・

 

2017s061.jpg

 Mさん  難しい場所取りのドイリーに挑戦なさいました。
 やだ~場所取れない~~なんて騒いでらしたのにバッチリ仕上がりました。        

 

 

         2017s206.jpg

          Tさん せんせ、茶の生地に赤で刺したいの・・・ 何か図案を・・・から始まり
          廻りもぐるっと赤にしたいの・・・
          間にドロンワークを入れたいわ・・・
          色はグレーを合わせようかしら・・・
          どんどん尽きないご注文にこれはどうでしょうと案を持っていくと
          パパッと次には刺してこられる。凄いです。
          こんな幅広のランナーができました。

 

2017s074.jpg

 Oさん 私のオリジナルの作品を幅を変えて長くお刺しになりました。
 また表情が違いサテンの間隔が近く面白く出来上がりました。