Report

2018-03-01 06:55:00

 

夏休みの宿題を計画通りきちんと終わらせるタイプと8月31日に修羅場になるタイプと
2通りのタイプがあることが判明です。。とメールをくださったのは鎌倉教室Yさん。
鋭意製作中とのこと、こちらから応援していますよ~

 

そんな中前回の作品展を終えるときちんと次を考え見事な組み立てをなさる自宅教室Kさん。
もう昨年末に刺し終え2点の作品をフレームにと依頼を受け早々に出来上がっています。

まず1つ目。
昨年5月に「せんせ、ブラックワークに挑戦したいの。」と原案になる画像を
持っていらっしゃいました。
まず窓を作って1回のお教室で3模様ずつ終わらせていけば出来上がるので
1ヶ月に2回通えば年内に仕上がるはず・・・その予定で先生パターンを準備してください。
と依頼を受けました。針の進みに苦労しながら刺繡と言うより算数の修行のような
毎回でしたが予定通り仕上がりました。

 

     2018s018.jpg

 

 

 

もう1点はAckworh School  Needle print 日本 が出所とお話をなさっていましたが
小さなパターンを繋いで仕上げていくクロスステッチのチャートがあるのだそうです。
ご自身でコツコツ刺し進めていたものをお持ちになって「この周りにドロンワークを
入れて仕上げたいの・・」と相談を受け目数を割り出しドロンワークの位置を決めていきました。
 

 

    2018s020.jpg

 

    2点とも彼女の計画性がものを言う素晴らしい作品に仕上がりました。 
          作品はお宅にお戻しせずそのままお預かりして会場に向かうことにしています。