Report

2016-03-31 16:53:00


前にもお話いたしましたが湘南台教室はお教室が始まって10周年を迎えました。
会長を始め金庫番のSさん、ガードを固めるKさん、そして今回役員さんとして大活躍の
Tさん、Oさん。毎回おけいこの時間を割いて会議をお開きになりバッチリ準備中です。
先日のお教室の際にはもうご案内の葉書が出来上がり私の分を頂戴してきました。
素晴らしいチームワーク!私は全くノータッチですので遠くから見守ろうと思います。
期間は5月12日~15日。もう少し近くなりましたらまたきちんとお伝えしたいと思います。
作品の数は200点から揃うということなので素晴らしい展示になると思います。
11日の出版記念パーティーの際にはご案内をお持ちしますし
その日参加なさらない方でご興味のおありの方はどうぞミソノまでお問い合わせください。

 

もうすでにお1人お1人出展作品をチェックしていらして作品も新たに出来上がってきていますので
ちょっぴりご紹介いたしましょう。

 

  2016s061.jpg   2016s060.jpg 

     Oさん                         Tさん        

 

2016s049.jpg

                           Yさん

 2016s014.jpg

    Sさん  

                     2016s034.jpg

                        Sさん

 

とこんな感じ。ぎりぎりまで新作がんばるわ~と今も必死に針を持たれている方も沢山。
やっぱり期限があると頑張れるのはどなたも同じ。
今から楽しみにしております。

 

 


2016-03-26 13:19:00

 

前回のReport,Kさんの作品の花糸の番号を間違えました。
#5でなく#11でした。#5は菫色。他で大量に使っていたものですから
頭と手が違う具合に動いてしまいました。。失礼いたしました、訂正いたします。
気がついたのは私とKさん2人だけ。「色番違ったよね~」なんて2人の秘め事のように話しました。
#11は菫色よりもう少し土を混ぜたような茶を帯びた紫色でまさに葡萄色!どちらもきれいな色です。

 

今日は地球の裏側とのやりとりをご紹介いたしましょう。
南米コスタリカからHPの問い合わせに「あなたの本はどこで買えるか?」と英文で
お問い合わせがありました。英訳担当の家人に頼みアマゾンだの私のHPのバナーをクリックしてだの・・
ともたつきながら返信したところ「いま日本に来ている!」とのこと、そして京都駅の本屋さんで
見つけて購入したとスペイン語で連絡が入りました。
それなら少し家人を通さなくても会話が成り立つかともうすっかり忘れてしまったスペイン語を
辞書片手にメールをすると旅行で日本に来たけれどすっかりあなたの国に魅せられたと・・・
そして購入してくれた私の本をとても喜んで、材料を買うのに紹介をした越前屋さんに立ち寄り
帰国してすぐに私の本を見て作り上げたと画像を送ってくださいました。
本は最高の褒め言葉maravillosa(マラビジョウーサ)と絶賛していただきました。
日本語がわからなくてもパターンはわかるのよね。
私達が洋書を見て作成するのと同じようにパターンは世界共通語!
嬉しい出来事でした。

 

   

2016s058.jpg

                  

             2016s059.jpg

 

  Gracias Senora Silvia!

 


2016-03-22 18:28:00

 

 湘南台教室のKさんは「手元に何作か置いておかないと心配で・・」と
 ただいま4作抱えておられる欲張りさん。でも全てをこつこつと前に進めていて
 頭が下がります。ほんとに刺繍がお好きなのね。

 その中の1作。「先生のイメージでクロスステッチとハーダンガーを合わせた作品にしたいの。」と
 ご一緒に様々なパターンを広げておりましたの。
 素敵な模様行きの葡萄の柄をフィレの本から見つけたので「ちょっとこれ使っちゃう?」
 「どうせなら花糸で葡萄色にしてしまいましょ!・・・」と選んだお色花糸#11
 1ヶ月程で中央部分を終らせて「せんせ、いよいよ外側を・・・」とお持ちになりました。 

   

2016s050.jpg

 

            さ、この後どうお料理いたしましょ。皆様もどうぞお楽しみに・・・


2016-03-17 09:33:00

 

 今日も素敵な額装の作品をご紹介いたしましょう。

 

2016s040.jpg 2016s041.jpg

 

    長津田教室I さん。 ベージュのガーゼの生地に同色の糸でアジュールを。
   アジュールは引っ張り加減で穴の大きさが変わってしまいますから同じ調子で
   心穏やかに刺していくことが重要です。
   2点同じ大きさに仕上げ並べてお飾りだそうですよ。

 

   

 

2016s045.jpg

      

2016s046.jpg

 

    こちらの2点は自宅教室 Tさん。 2点並べて飾るので同じフレームで・・とのご希望。
    後ろのマットにはワイン色を入れ白の生地の裏側から優しい暖色系が映ります。
    小さなフレームはブリオンがいっぱい。丁寧にお刺しです。
    ハートの作品は前々回の作品展でミソノがベージュで刺したものをピンク系に置き換え
    濃淡4色で仕上げられました。

 

 

2016s051.jpg

 

   こちらの爽やかなフレームはつきみ野教室 Yさん。
   はじめてのフィレを記念にフレームで仕上げました。グリーンのマットと白いフレームが
   作品をきりっとしめています。

 

 


2016-03-12 09:53:00

 

 生徒さん方の楽しい額ものがどんどんと仕上がってきています。
 小ギャラリーお楽しみください。
 

                

2016s018.jpg

                        

      

 

 

 

 

 

 

 

 

                       

   

       つきみ野教室Eさん。                                         

    フィレで王様とお姫様を。冠を金糸で刺して遊び心たっぷり!

  

 

2016s027.jpg

 

                            こちらは自宅教室 Nさん。

                       毎年刺繍作品を年賀状になさるのですが今年の干支
                       申を入れたアジュールのモチーフで。

               

2016s047.jpg        

 

 

 

 

     岐阜からお通いのKさん。

        「額装の色合いはショッピングピンク以外は先生にお任せよ!」と
        おっしゃるKさん。上の下のマットをグレーの濃淡で
        大人なシックな感じでまとめました。  

 

 

 

 

 

                

2016s048.jpg

 

                        自宅教室 Mさん。

                  ブルーの小花をとばしたハーダンガーとクロスステッチの組み合わせの小額。
                  お花の色より薄いブルーのマットで爽やかな作品に仕上がりました。

 

 

   どちらの作品もその方らしい雰囲気が出てお部屋に飾ってニンマリなさっている様子が浮かびます。

 

 

 

   


1 2