Report

2016-06-30 09:01:00

 

 26,27日両日は鎌倉アウトサイドイン教室の第6回目でした。
 シュバルムに挑戦の皆さん、土手のステッチもすべて入り中の模様にすでに入りました。
 シュバルムはご存じのように先に図案を写しその曲線に合わせて土手を二重に作り
 その中の表面積を糸を均等に抜いて引き模様を入れていきます。
 今回も欲張ったので9種類もの引き模様。
 みんなの頭の中がめちゃくちゃにならないよう一覧図を作成しました。
 「この模様は下基準で縦横3本残し1本カットでね~」
 「次の模様は中央に穴がくる様4本残し1本カットで・・・」
 「これは横糸だけ3の1で・・・」ミソノ声を張り上げます。

 

2016s213.jpg

 

    もうすでに5柄は終わりました。サンプルは白生地に白で刺しましたが
    好きな色で刺すのがミソノ流。楽しく刺さなければ・・・ね。
    今日は色物挑戦の皆さんの手元を数枚パチリ。ね、素敵でしょ。

 

2016s208.jpg  2016s210.jpg

 

2016s209.jpg  2016s211.jpg

 

2016s212.jpg

 

   第6回が済んだということは次回はもう後半戦に突入。
 鎌倉教室は夏休みがありますから次回は夏休みの宿題をたっぷり出しておこうと思います。
 夏休みということは今年も1dayのワークショップの季節。
 今年も8月2日に参加させていただきます。次回のReportはその作品をご紹介いたしますね。

 

 


2016-06-24 18:44:00

 

 こちらも私が勝手に命名の『ウェッジウッド風』
 もう18年位前に刺した正方の作品です。。私はグレーの綿の生地にわざと太い白糸を使用して
 作成したお気に入りです。
 

2016207.jpg

 

     2本のラインは生地の色より少し濃い目のグレーでインパクトを持たせました。

 

  この度自宅教室のTさんが「せんせ~これが刺したい!」とご自身で生地を持っていらっしゃいました。 
  なかなかシックな茶色。私が白で刺した部分を薄いグレーをお選びになりコツコツと刺し始めました。
  形も正方でなく横長に・・・
  そして前回「ラインは何色にしようかしら・・・」とお教室にお持ちになりました。 
  こんなにシックな大人の雰囲気。「どう紫系なんて・・・」とお勧めして2種類の糸を出してきました。
  ここで登場オーディエンスの皆さん!!
  自宅教室は予約制のため毎回メンバーが違います。
  Tさんと私でどっちがいい?なんて言っているとその日の他の7名のメンバーが
  「あたしはこっち」「私はこっちの方が素敵だと思う」「こっちが大人よ~」なんて言い出します。
  ホント他人事なので屈託のないご意見。それが重要だったりします。
  お教室の楽しい時間です。この時間こそが私の理想とするところ。
  最後に決めるのはTさんご本人、悩んだ後「じゃこっちで・・・」と選んで出来上がったのがこちら。
  

  どうかしら、おっとな~な感じに仕上がりました。
  当日オーディエンスにご参加の皆さん、ありがとうございました。。
  Tさん共々感謝でゴザイマス。

 

   

2016s208.jpg

 

  なかなか凝ったデザインで周囲のハーダンガー部分は丸い輪のように見えます。 そしてブリオンも・・
  一手間、二手間加えた分雰囲気のある大好きなパターンです。

 

 

 


2016-06-18 18:24:00

 

 どんどんと増える本、生地、糸・・・・
 どれも必要で捨てられない。
 何とかしなくては・・の思いから沢山引き出しのついたアンティークのドロワーを見つけ購入しました。
 16杯ある小引出し。昔は何が入っていたのかしら。
 様々な糸を入れて附属で使うリボンやパールを入れて刺繍枠や額装小物を入れて
 刺し見本、重要パターン、刺繍枠・・・・すぐにいっぱいになってしまいました。
 まだ場所を決められずにいるものですからお教室中に引き出しをあちこち開けて探し物をしています。
 焦らず少しずつ整理が出来たら・・と思っています。
 

 

2016s198.jpg

 

  そしてこの新コーナーにはゴールデンウィークに刺していたフレメのボタニカル風クロスを
  フレームに入れましたので2つ並べて飾ろうかと・・
  楽しく仕事が出来たらシアワセです。

    

 

2016s199.jpg


2016-06-13 16:04:00

 

 能村さんにお作り頂いたもの、予告通りお見せいたしましょう。

 

2016s196.jpg

 

  過去に持ち歩きに便利よ。と透明の持ち歩き用ケースをまとめて購入しました。
  長さがネジ式で換えられ作品に合わせて使えてとても重宝なものでした。だがミソノは使えなかったのです。
  というのは直径が決まっているので1作品を持ち歩くのには良いのですが私のようにサンプルを複数持つと
  直径に収まらないのです。
  湘南台教室のIさんは様々な刺繍をなさり他のお教室にもお通いになっていらした達人。
  その彼女が持ってらしたくるくる巻いて持ち運びに役立ちそうなシート!
  どちらで購入?と尋ねると特別発注で今はないとのこと。
  「えっではアイデアいただいても良いかしら?」と早速能村さんにご相談。
  留めるところは革にしましょうか・・なんてバージョンアップして素晴らしいサンプルが上がってまいりました。
  これなら何枚まとめてもくるくる巻くだけ。しわにならず巻きの太さも気にしなくてすみます。
  そして出来上がった作品をしまっておく時もこのまま。すっばらしい優れものの完成です。
  今回は大、巾65cm1本と小、巾46cmを2本の3本セットで能村さんにお作り頂くことといたしました。
  はい御園御用達工場能村さんが特別にお作りです。湘南台に足を向けられな~い。


  各お教室に持ち歩きます。どうぞご覧になってお気に召した方はご注文ください。
  こちらは定番としてお作り頂くこととし初回大量にお作り頂きますのであわてなくても大丈夫!
  素敵な命名にしないとね。お名前募集しましょうか。。。
  皆さんのアイデアが広がる・・・なんて嬉しいことでしょう。Iさん、ありがとうございました.

 


2016-06-10 18:42:00

 

  港北東急教室のNさんは小さなお体のどこにそのパワーを潜めているの?と
  思うくらい精力的にお刺しです。

    

2016s191.jpg

 

   きれいな紫色の12目の生地に同色の糸でサラッと仕上げておしまいになりました。
   (ごめんなさい、お教室のライトの加減できれいなお色が出ていません。。)
   大概の方は作品の終わり近くになると次の作品をお選びになりますが彼女は作品の半ばで
   全体像やステッチの運びがわかってしまうと次の作品選びにかかります。
   作品選びというかもう携帯に次作希望を収めていて私に注文を「せんせ、これで・・・」と
   お見せになる・・・そんな感じです。

 

   で、皆さん画像が気になるでしょ。そうなの、ご一緒に写っている彼女のお裁縫箱、こちらもご自身で
   カルトナージュなさいました。もちろん上部の刺繍も。
   16目位のネットにプチポアンで・・・ひえ~とお仲間で声を上げてしまいました。

 

2016s193.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       素晴らしいでしょ。お家の前にキルトを干している紫系の図柄。参りました~
       こんな楽しい刺激を受けるものですからミソノ力が入ります。。 

 

 

          *********************

 

      トラバイユーズにたくさんのご註文ありがとうございました。
      お作り頂く能村さんに数をお知らせしたらビックリなさっていました。
      こちらは15日で締め切らせていただきます。まだ悩んでいる方お急ぎください。

 

      そうして能村さんにはまたまた大活躍いただき次の作りものをお願いしてあり
      本日そのサンプルが出来上がってきました。とても使い勝手がよさそうなので
      大量注文してまいりました。
      そちらは次のReportでお見せいたします。楽しみにお待ちくださいな。
      


1 2