Report

2017-09-26 22:02:00

 

 湘南台教室凄腕Tさんは現在ちょっと変わった難しいドロンワークの作品に
 挑戦中です。
 糸を規則的に沢山抜いて沢山新たに糸をかけていくので大きな日本刺繡用の枠に
 生地を張り中央模様を無事刺し終えました。
 「廻りはどうしましょう?」のご相談にただいま湘南台でブーム中の広幅の
 ダーニングで仕上げることにしました。そしてそれも刺し終え
 最後にコーナーが四角く大きく残り、何入れようね~Tさんですから
 普通じゃつまんないから何か新種に挑戦しましょうよ・・・ということで
 うちにある本の中から選び出したのがこの模様!
 私も刺したことのない新種のお花にチャレンジいただきました。
 まずここをこうして次にこうしてそうすると多分こんなふうになるので
 刺してみてね。「え、え~」なんて言っていたわりに4つのコーナー全てさらっと刺し
 「せんせの言っていた順番よりこの方がいいと思って・・・」なんて涼しいお顔。
 くやしいなあ、涼しいお顔と良い腕・・・・
 今日はちょっぴり見せですがすぐに出来上がるはず。そしたらもう一度
 お写真撮らせていただきます。もちろん難易度★★★★★★★★★★
 皆さんは見るだけにしてやるって言わないでください。

 

 

2017s276.jpg

 

      

  2017s275.jpg

 

 


2017-09-23 19:30:00

 

 つきみ野教室Kさんの作品が出来上がりました。
 80c×60cもの大作です。
 

2017s273.jpg

 

     毎回「せんせ、次はどこ刺しましょ?」とお尋ねになり「じゃここにこれを入れて・・・」
     なんてお話しすると次の回までにその部分を終えていらっしゃいます。
     元になるパターンを2人で相談しながらどんどんと手を加えていきましたよ。

 

     特にここ! 周りです。

     2017s272.jpg

 

        三つ折で仕上げた縁には全て4目巾のストレートステッチをアジュールのように
        引いてお味付け。へこたれずお見事に刺しあげました。
        お仲間がいつから始めたの・・・との問いに私のカルテを見たら3月から。
        きゃあ半年で・・・
     

      白がまぶしい素敵な作品に仕上がりました。
      Kさんご苦労様でした。

 

 


2017-09-19 17:44:00

 

 自宅教室Tさんのドイリーが出来上がりました。
 「持っている生地にこのブルーで刺したいんです、せんせ。」
 じゃ、どんなふうにする?もう1色入れる?と選んだパターンは3目しつけの
 変形アイレットがプチプチいっぱい入ったデザイン。
 「それに廻りはハーダンガーでひらひらと・・・」とイメージはわかったので
 とりあえず中央3目しつけの部分の模様を刺していただきました。
 ハーダンガーを入れる時は4目しつけだからしつけの刻みは3目と4目と
 両方入れておいてね・・・とお話してどんどん刺し進めていただきました。

 

2017s268.jpg

 

    さらさらっと中央を仕上げさあミソノの出番はここからです。
    この柄に合わせて縦横ぴったりの3目柄と4目柄の柄が過不足なく
    美しく入る位置を探し出し模様行きを考えます。
    生地の色の分量とブルーの糸の分量が美しく入る位置を・・・
    すると仕上がりはこんな感じ。

2017s267.jpg

 

   産みの苦しみもあるのですが誠実に着々と刺してついてきてくださるとそのお気持ちに
   答えなくては・・・と燃えるのでした。。
   とっても素敵に出来上がりましたよ。Tさんお疲れ様でした。

 


2017-09-15 17:45:00

 

 対応が二転三転しご心配をおかけいたしました。
 連絡はいきましたでしょうか?
 いずれにせよお席の確保はできておりますのでご安心くださいませ。
 また楽しいチクチク時間を共有いたしましょう。
 では28日お目にかかります。


2017-09-12 17:54:00

 

 伊勢丹オトマナ受講の皆様、お手元にチラシは届きましたでしょうか?
 手続き上で対応が遅れ大変申し訳ありません。
 恐れ入りますが初回同様お申し込み手続きをお願いいたします。
 不明な点は伊勢丹にお問い合わせいただくかまたは私の方へご連絡ください。
 時間的に余裕のない告知で申し訳ありません、
 どうぞよろしくお願いいたします。


1 2