Report

2018-04-08 14:27:00

 

 ちょうど1年になりますが昨年の4月に開催した個展の時の空間が
 とてもよろしいイメージだったのでその時からこの空間のままを
 カレンダーにしようと企み今回もご案内葉書を作ってくださった奥平さんに
 お願いし画像を撮りためておいて頂きました。
 お正月くらいから画像をチェックし今回の作品展に合わせ今年4月始まりの
 カレンダー作成に取り掛かりました。
 そして先日オリジナルカレンダーが出来上がってまいりましたよ。
 んまあ素敵!!
 打ち合わせの時にどうせならちょっとおしゃれに作りましょと話すと
 本タイプで見開きで1ヶ月のところがあったり2ヶ月のところがあったり
 日付が縦に入ったり横に入ったりしましょうよ・・と提案くださり
 ミソノの全てを知り尽くした彼女にすっかり委ね進行していきました。
 サンプルが上がった日には自宅教室主要メンバー?がそろっていて
 出来上がり具合を我が事のように喜び楽しみ、せんせ、何部作るおつもり?
 使う用と飾る用に1人2冊いりますからね・・
 それとお友達にもあげたいし・・と強烈に皆が言うものだから
 残るリスクと足りなくて怒られるリスクなら前者が良い!と思っていた部数を
 急遽倍増させました。。。
 自分で言うのもなんですがとっても素敵に出来上がりました。
 どうぞ会場でお求めになってください。
 今年4月始まりの来年2019年12月までの変則カレンダーです。
 あ、もちろん今回もクリアファイルもございます。

 

 

           2018s070.jpg

 
 


2018-04-04 20:52:00

 

 今回生徒さん方に作品展をするにあたって作品はお1人5点まで・・・と
 ご案内いたしました。全てのお教室の中で7名ほど「せんせ、作品は何を持ってきましょう?」
 という前回の作品展からの3年の間にたっくさん作品をお刺しになった方がいらっしゃいます。
 「あれもあるしあれもあるわね~じゃあとりあえず画像を全て見せてもらえますか」なんてことで
 3年のうちの全ての画像を見せていただきこれとこれとこれと・・・なんて風に
 贅沢に作品を選ばさせていただきました。
 が、どれも素晴らしい皆さんに見ていただきたい作品ばかりで5点に絞れず6点になってしまいました。
 そしてそのうちこれは3部作ってことで1点と数えますね。なんて受け取ったものも数点・・・
 いずれもミソノルールということで点数に関しては皆様ご勘弁を。
 それぐらい見て欲しい作品群です。

 

    

     2018s058.jpg

       港北東急教室Yさん
       スタンプワークをお刺しになりまわりにハーダンガーをプラスした3部作。

  

           

         2018s068.jpg

        自宅教室Uさん
        フィレとレティチェッロを合わせた3部作。


2018-04-01 10:19:00

 

 4月に入りました。
 作品展打ち上げのピンチョスのメニューが決まったり出展者の人数が確定したり
 出展作が最終確定し各コーナーの配置が出来上がってきたり
 額や縫製やトレイの作成順も一通りこなせてきたし備品の準備も頭に入ったし・・・
 いよいよな感じになってきました。
 夜はお布団に入るとバタンキューですが朝方早く目を覚ますと
 あれは大丈夫かこれは大丈夫かと気になることが目白押しで気が急いて
 1人あわただしくしています。

 

 今回は今までにもましてお手伝いの志願兵が多く,こちらから募集する前に
 ほとんど埋まってしまいました。
 特に前日の飾り付けのお手伝いには40名もの生徒さんが是非立ち会いたいと
 名乗り出てくださいました。 
 皆さんの作品(どうも600点を超えそう・・・)を身近に手伝いながらじっくり拝見できる
 ので楽しいし勉強になる・・とおっしゃってくださる方がほとんどです。
 がしかしミソノの厳しい顔も見えてしまうので今からカクゴしておいて下さい。
 その他受付嬢、監視係。自らお手をお挙げくださった皆さん本当にありがとうございます。

 続々と届く作品には1点ずつ仕上げにアイロンをかけています。
 べっぴんさんに見えないと困りますものね。そして会場に移動中しわが出来たら
 あちらでもう一度アイロンしますよ。もうバッチリ手馴れたものです。お任せください。

 

 今日は自宅教室Nさんの作品をご覧に入れましょう。
 

    2018s063.jpg

 

   クロスステッチで花糸を使用し同じ巾に出来上がったリボン状のお花たち。
   これをパッチワーク風に繋いで1枚のクロスに仕上げられました。
   周りのすずらんのリボンテープはご自身で用意なさったものの色がさわやか過ぎて
   気に入らないと少しアンティーク風に染めておしまいになられました。
   なんて愛らしい大人可愛いのでしょう。
   今回はクロスステッチの作品、クロスステッチと他の手法を組んだ作品で1コーナー
   作ります。どうぞお楽しみになさってください。

 

 


1 2