Report

2018-06-15 08:22:00

 

 作品展の中身をご案内している途中ですが・・

 

 鎌倉教室にお通いのTさんが5月のお教室の際「こんなの作りました。。」と
 冊子をお持ちになりました。皆で囲んで見るとそれは作品展の時のお気に入りの作品を
 集めた素敵なご本!
 

 昨年の恵比寿の個展の時にTさんご主人様とご一緒に足を運んでくださいました。
 なんでもご主人様緻密なこの刺繡がとっても好きなのだそうで恵比寿の時は
 奥様が一通り見終わったというのに1人しゃがみこんで1時間もかけて1点1点丁寧に
 見てくださったのでした。
 そして今回の作品展も「今日は仕事を休んできました!」と大きなカメラを抱え
 主に奥様が興味を示した作品を端からカメラに納めておられました。
 そしてそれらの画像を1冊のご本にお作りになられたのです。

 その画像は本当にお好きなのだな・・とわかる1枚1枚で愛を感じます。
 一緒に見ていた鎌倉のお仲間も皆私も欲しい私も欲しい・・・・とおっしゃるので
 じゃあのっかっちゃう??とTさんにお願いしたところ快諾くださり
 ちょっとページを増やそうとミソノからも画像を一部提供しこの度素晴らしい
 hilo刺繡教室作品展作品集が出来上がってきました.

 

2018s204.jpg

 

 

 編集はTご夫妻にお任せですのでどの作品が選ばれているのかは本を開けないと
 わかりませんが多分ほとんどの方が気になっていたあの作品たちが入っているはず。
 そして現在アジュールを勉強中のTさんの目線でもあります。
 それも含め私の視点からでなくあえて違うのも新鮮かも・・・と手を加えずに
 お届けすることにします。
 先行してすでに第1刷が一昨日出来上がってきました。
 自宅でご覧になった皆さんも喜んでお買い求めくださいました。
 各教室に見本をお持ちしますのでどうぞチェックしてくださいな.

 

 

2018s205.jpg   2018s206.jpg

 

 Tさんのご主人様には男性1号でお教室いかがですか?なんてお話したら
 お隣で奥様「私の居場所が無くなるからやめて~~」ですって。
 何より画像からお好きで撮って下さった感じが伝わりとっても嬉しい出来事でした。


 Tご夫妻ありがとうございました。