Report

2018-07-03 14:51:00

 

 もう作品展が終わり2ヶ月以上経ってしまいました。
 企画物も含め皆さんの作品は素晴らしいものばかりでした。
 なのに終わってからは自分の中で成功と捕らえておらず何が原因だろう・・・と
 ずっと考えていました。


 作品展前はどう搬入しよう、各教室の役員さんの運んでくださる作品を時間差で受け取って・・
 どう区分して飾りつけよう、どうお手伝いいただこう・・・アイロンは・・備品は・・
 テーブルの配置は・・・時間的に大丈夫?・・まだ届かない作品があと何点・・・
 お手伝いのお弁当の準備は・・・

 

                                                            IMG_5763.JPG

 

       始まって期間中は、いらしたお客様の動線に問題がないか・・
       販売コーナーは無事に動いているか、つり銭は・・分量の補充は・・・
       受付のお手伝いは問題ないか・・飾った作品に支障はないか・・
       暑いが換気は大丈夫か・・・お客様に満足頂いているだろうか・・
        写真を撮りためないと・・・

 

 IMG_6361.JPGIMG_6345.JPG
        

  IMG_6974.JPGIMG_6372.JPG

 

        2018s279.jpg

 

   IMG_6283.JPG   

IMG_6284.JPG

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 後半になれば最終日の作品を無事に皆さんにお返しできるか、パーティー前の1時間で
 片づけが終了できるか・・配送希望の方の分は無事に進んでいるか・・1Fと2Fの各教室の
 返却受付テーブルは正しく予想通りに動けるか、全体を見回す担当の手配は足りているか・・
 ペンチの数は・・・自宅に戻す荷物はトラックに正しく回っていっているか・・
 受け取りに来ない方の作品はきちんとそろっているか・・
 備品の返却に問題がないか・・・
 パーティーのケータリングはきちんと届いているか・・配置に問題はないか・・お茶は?カップは?
 皆さんは楽しめているか・・

 

                   IMG_7067.JPG

                          

 

 仕事量、気を使うことの多さで私自身がヘロヘロで作品展を楽しめなかったのが
 成功と捕らえられなかった原因なのだと思います。

 これは大いに反省しなければならない点です。

 

 しかしスタッフやお手伝いを申し出てくださった方には本当にお世話になりました。

 特に飾り付けの40名の皆さんには本当に頭が下がります。
 時間的にも体力的にも仕事内容的にも大変厳しいものでした。
 パンパンで笑顔のないミソノによく答えてくださいました。

 スタッフのEさん、Mさんは1日ずっとアイロンを全ての作品にかけてくださいましたし
 HNちゃんは食事面 お弁当、ケータリング等全て仕切ってくださいましたし
 HDさんは販売品の集計と1Fにいて目の届かないミソノに変わり
 2Fのフロアの全てを担当してくださいました。
 Tさんは参加者一覧や1枚1枚の生徒さんのお名前を打ち込んでくださったし・・
 他にも販売の値付けから会計までお手伝いくださった方、受付のお手伝いをしてくださった方
 毎日スタッフのお昼ご飯を用意してくださった方。最後の引渡しに楽なようにと額等の箱を
 教室ごとにまとめてくださったり、ライトの取り付けにずっと脚立に乗ってくださったり・・
 壁面飾り付けが終了してから「ごめん、やっぱりここにこの作品持って来たいので
 もう1回組み直し・・」なんてミソノの掛け声に嫌な顔ひとつせず作り上げたて下さった方々、
 お手伝いできないからとお差し入れくださった方々・・・・

 ご一緒に作品展を開催くださったドライフラワーの渡部さんやDM等のデザインを全てお任せした
 聡子さん。一人ひとりのお顔が浮かびます。                                                  

  

            

           IMG_5714.JPG

              

IMG_5729.JPGIMG_5755.JPG

  

  

 


  

 

 

 

 

 皆さんに満足頂いているか・・・作品展はこれに尽きるのでした。
 先日お話したTご夫妻が作ってくださったご本とか、昨年の個展の作品のカレンダーだとか
 副産物もあり身のある作品展でした。                                                                              

 

 さて終わってから2ヶ月の間、皆さんご覧になった作品をチェックしつつ次の作品にかかっておいでです。
 平常は楽し~と皆さんにお教えする傍ら新たにパターンを起こしたり、夏のワークショップの
 作品を作ったり、秋に仕上げる次の仕事の準備をしたり・・フレーターの勉強も再開しました。
 あっ自宅教室は4名新たにご案内しました。(3年以上お待ちくださった方々です。)
 またまた目いっぱいの仕事量を元気にこなしています。
 何のため?みんなの喜ぶ顔が見たいから・・それが私の幸せだから・・なのだと思います。
 どうぞ生徒さんはそばでご一緒に針を楽しんで頂きたいし、このページを全国からご覧になって
 くださっている方々はああ~またこんなことしてる・・・と見守ってくだされば・・と思います。
 長い間作品展を振り返るページにお付き合いありがとうございました。
 
  

 

                                                                      IMG_6755.JPG

                                   deuxR 渡部さんと・・・