Report

2018-10-23 16:03:00

 

 湘南台教室のSさんはいつもアンテナがいっぱい立っていて
 私にいろいろなことを教えてくださいます。
 素敵なキット類、本類、様々な情報・・・ネットを駆使して
 世界を駆け巡っています。
 先日、そのSさんが「せんせ、こんな本購入しちゃった!」と私に見せてくださったのが
 昭和32年婦女界出版社発行の『ドロンワーク』という本です。
 この本がすっばらしいのです。
 ドロンワークをきちんと系統立ててインサーション(細い縁かがり)メキシコ式、イタリア式、
 ドイツ式、曲線模様、ハーダンガーと区別し書かれています。
 数多くの洋書を今まで見てきましたがこんなに詳しくさまざまなバリエーションを持って
 紹介している本に出会ったことはありません。
 きちんと研究し画像を載せ作り方まで詳しく載っています。
 それが昭和32年に発行され世の中に出ていたことにもびっくり。そしてお値段は当時のお金で¥290。
 精力的な研究がなされ体系的に把握しそして今見てもなお新しい!!!
 単なる各国の伝統的な技術や模倣にとどまらず創意に満ち溢れているのです。
 こんな本に出会ってしまうと自分のちっぽけさとともにすごいお手本にチャレンジしなくては・・と
 ますます深入りしたくなってしまいます。
 Sさん、刺激をありがとう。ミソノ頑張ります。。

                                                                        

                          2018s351.JPG