Report

2019-03-22 13:20:00

 

 先日出来上がってこのページからもお見せしたハンカチケース。
 「せんせ、これはどうやって使うの?」と数件問い合わせがありました。      

  

                    2019s046.JPG

 

    

 持ち歩くものではありません。大好きな大切な『あの時旅先で購入したのよ・・』とか
 『大切な方にいただいたの・・』なんてハンカチの数々をそうっとチェストにしまい込む時に
 使いたいのです。
 そうしたら長津田教室のSさんがそんな大事なハンカチの数々をお教室にお持ちくださり
 見せてくださいました。
 

     2019s056.JPG

         

      左のものは昔ご自身で作られたものなのだそうです。もう1枚はベルギーのものだそう。
      他にもお母様がお刺しになったものや汕頭のものなど・・
      大切な思い出の数々・・。見せてくださってありがとうございました。
      このような宝物を静かにしまっておくために使いたいのです。

 

 


2019-03-19 17:56:00

 

 同じくシュバルムの冊子からお選びになった作品が素っ敵に出来上がってきています。 

 

 2019s057.JPG

 

 こちらは長津田教室 I さん。
 優しい曲線のドイリーに仕上がりました。
 まず練習布を使ってきちんとおさらいしてそれから本番に臨まれました。
 左上の練習布は本番の半分なのですがとてもきれいに出来たので何かに変身させましょ・と
 ただいま企画中! 

 

         2019s039.JPG

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   そしてこちらは湘南台Tさん。
                   こちらも同じ冊子から。作り上げた私のパターンに忠実に
                   各種ドロンワークを丁寧に仕上げてくださいました。 
                   こちらの作品はこれから額装になさいます。

 

 

                


2019-03-18 08:31:00

 

 自宅教室Tさんの作品が出来上がりました。
 あれっ見覚えが・・・そうそう一昨年鎌倉教室の課題だった大人のクリスマスⅡ
 あの時は白生地に白糸でそしてシルバーの糸を少し使用し小さな作品に仕上げました。
 Tさん手持ちの生地が大きかったのでこの模様繰り返していったらどうかしら?
 うん面白いかも、やってみて。ということで糸の色もポイントにブルー系の色糸を使用し
 刺し始めました。同じパターンをつなげていく途中でここに何か欲しいねと色糸で刺した
 アイレットを白糸でアクセントに持ってきたらなんだかとっても落ち着きの良い1作が出来上がりました。
 私の思い付きを淡々とこなしてくださる好奇心と早い手!ホント楽しいボールの投げ合いです。。。

 

     2019s044.JPG

 

 

 さて次は何になさる?同じ水曜メンバーもご一緒にこれがいいんじゃない?なあんて
 冊子を見ながら楽しい時間。オーディエンスとても重要です。
 OK!次までパターン書いとくね・・と準備したパターンがこちら。
 これまた楽しいやり取りで針は進んでいく予感。私もどんなふうに出来上がるか
 ワクワクしています。

 

                      2019s055.JPG


2019-03-11 18:12:00

 

 昨年11月27日付でもご紹介したただいまお教室で大人気のモチーフ。
 それが生み出されたのはフェリシモのクチュリエですが
 そのクチュリエの春夏号から新たに6回シリーズで掲載いただくことになりました。
 今回は6回完結シリーズで初めての人も6回終了すると一通りのハーダンガーがわかるよ。と
 いうものです。その名も『憧れの美しい作品へステップアップ、ハーダンガー刺しゅうの会』です。
 生地の目も初めは粗く少しずつ細かくなっていきますしステッチも毎回新たなものが入ります。
 毎回小ドイリーで基本を押さえ、その延長で小作品を1ケ作るという楽しい企画です。
 昨年の作品展後に少しずつ作品を作りためていたのですが
 こういう企画ものは大好物!楽しく仕事を進めてまいりました。
 

      2019s052.JPG

 

 何が素晴らしいって説明の細かくされたパターンと作り方説明書!
 大概の説明って一番知りたいところが書いていないでしょ。
 ところがクチュリエさんの説明書は本当に詳しくきちんと追っていけば
 間違いなく出来上がります。
 スタートの場所だったり、糸の進行方向だったり、カットのチェックだったり
 美しく仕上げるためノウハウが満載です。 
 今もまだ3作目4作目あたりの説明を作るにあたってのメールのやり取りを
 毎日のように繰り返していますがこれはやはり編集者さんにハーダンガーへの
 愛がないとできないもの。何がうれしいってその気持ちが一番うれしくて
 やはり仕事とは最終は人なのだと痛感いたします。

 

                 2019s053.JPG

 

 すでに私のところに冊子が届いていますが店頭発売は4月25日だそうです。
 ウェブでのご案内はこちらからどうぞ。
 自宅で一緒に冊子を見た皆さんからは大好評で「私も買おうかしら・・」なんて方が
 何人も・・「これでハーダンガーしたら私はいらないかも・・」とお話しています。

 
 
 

 


2019-03-06 14:22:00

 

 2月7日付 やりたいこと② でお話したハンカチケースが出来上がりました。
 

 

2019s046.JPG

 

     元来私、刺すことより作品をプロデュースするのが好きなものですから
     この周りにはこの色を持ってきましょう‥とか、コードはこれを使いましょう・・とか
     ボタンはこれがいいとか・・そんなことがいっぱい遊べる小物作りは目が輝いてしまいます。


     

  2019s048 (2).JPG

 

    中側はクルミスナップを飛び出させて中央合わせにしました。
    グレーの作品はオフホワイトのシルクと縫い合わせ端には同色のコードを飾り付けました。
    もう1つはオフホワイトの生地に同色の糸で刺したものをクリームのシルクコットンの生地を
    袋に縫ったところに留め付けました。
    こちらは正方でなく合わせのデザインがメインに来るよう重ねを深くし長方に仕上げてみましたよ。

 

 

2019s049 (2).JPG

 

裏側中央にはそれぞれクロスステッチでMのアルファベットを。           

   

 

    ***************************

     

     港北東急カルチャーの皆さん、3月4日のお教室を突然お休みさせてしまい
     申し訳ありませんでした。
     3月18日のクラスを楽しみに伺います。


1 2