Report

2019-09-30 07:31:00

 

 旅行にご参加の湘南台教室Tさんは、まだ帰って間もないというのに
 早速スカルス手芸学校の課題だったスカラップを刺し上げました。
 それもサンプル通りではなくスカラップを3段バッグの途中につまんで
 そして中布も付けてバッグとして使えるように仕上げましたよ。さっすが~デス。
 他の皆さんもワークショップのサンプルを仕上げてできました~と笑顔で
 見せてくださいます。

 

       2019s186.JPG      2019s185.JPG

 


        そうしてそうして前回の作品展で作品集を作ってくださった鎌倉教室Tさんは
        早くも今度は旅行アルバムを作品集と楽しかった旅行集の2つに分けて作って
        いらっしゃいました。

         作品集はあまりに見事でしたので参加人数分お作りいただく様頼んでしまいましたよ。
         出来上がってまいりましたら各教室の皆さまにもお見せいたしましょう。
        


2019-09-28 08:13:00

 

 長きにわたり北欧旅行のReportをしてまいりました。
 毎日濃い内容で脱落者も出ず元気なメンバーでした。
 刺繍という同じ趣味を持つメンバーと見るツボが一緒というのは
 本当に楽しく、またこんな機会でないと行くことができない場所だと思うと
 それだけで気持ちが高まりました。

 ・前回グレーブ美術館で見てどうしてもやりたかったフレーターも
  自分のものに出来たのも確認できましたし
 ・きっと無理と思っていたスカルスのワークショップも実現できましたし
 ・どんな道のりになるかと案じたバス移動の後の1泊の船旅も楽しめましたし
 ・各ミュージアムのショップの充実ぶりに心躍りましたし
 ・ハルダンゲルでアグネス館長とも再会できましたし
 ・蚤の市も‥チボリ公園も・・・・

 

 ご一緒してくださったお仲間ご協力ありがとうございました。
 また次の旅を考えるにはミソノの体力次第かと・・・
 素晴らしかった旅の数々を胸に秘めまた精進してまいります。

   

IMG_0162.JPG

 

 


2019-09-27 22:45:00

 

 コペンハーゲンのどこを撮っても美しい景色。

 

IMG_0581.JPG  

   

            IMG_0531.JPG

  

IMG_0916.JPG

 

    IMG_0866 (1).JPG

   

            IMG_0868 (2).JPG

 

  IMG_0777.JPG

                  

   IMG_0918 (1).JPG   IMG_0825.JPG

       


2019-09-26 08:20:00

 

  各ミュージアム、ドラウアーの街並み、そして普通の民家も
 窓辺がとても美しい‼ 見られること前提のカーテンのあしらい・・・
 画像をどうぞ。

    

   

DSC_0438.JPG  IMG_0239.JPG

IMG_0151.JPG   IMG_0241.JPG

 

IMG_8981.JPG   IMG_0650.JPG

 

IMG_0729.JPG   IMG_0730.JPG

 

          IMG_0767.JPG   IMG_0781 (2).JPG

 

      IMG_0787 (3).JPG IMG_0768.JPG                                                 

 

                     IMG_0790.JPG

 


2019-09-24 15:19:00

 

 Greve Museum

 クリーム色の壁、茅葺の屋根、中庭、カフェでのランチの優しいお味・・
 全てゆったりとした時間が流れます。
 こちらで撮ったヒーダボーの数々もお載せしておきます。

 

IMG_0616.JPG

                       

           IMG_9203.JPG

 

  

IMG_0634.JPG  IMG_0643.JPG

 

 

IMG_0656.JPG  IMG_0673.JPG

 

 

IMG_0660.JPG  IMG_0674.JPG

 

 

IMG_0662.JPG  IMG_0640.JPG

 

 

IMG_0688.JPG  IMG_0686.JPG

 

                        IMG_0679 (2).JPG

 

                           言葉は何もいりませんね。


1 2 3