Report

2021-09-18 15:20:00

 

 三越カルチャーサロンにお通いのNさんはシュバルムの大きいのに
 挑戦したいと言ってパターンを起こしたのは20年に入ってすぐのこと。
 とってもとっても大きな作品ですが毎回毎回少しずつステッチを確認し
 刺し進め中央シュバルム部分はほとんど終了。
 丁寧に1ステッチずつ埋めてくださいましたよ。
 周りには素敵にドロンワーク入れたいわよね~というところで
 自粛期間に入ってしまいました。
 ドロンワークの場所決めてくるから作品お預かりして持ち帰っても良い? 
 決めたらお送るするね・・・
 ということで作品は後半戦仕上げにかかります。
 自粛期間を超えてずっと皆さんとつながっていられるのは
 とても嬉しく私自身の支えにもなります。

    

 

      2021s145.JPG  

 

 


2021-09-16 11:52:00

 

 自宅教室Iさんはいつも2つ以上の作品を持ち刺繍を楽しんでいらっしゃいますが
 少し前に「せんせ、何か新しいものを・・」というので
 完全ミステリーツアーでいいですか?と確認をとり、生地も大きく適当にお渡しして
 取っておいた洋書の切り抜きをアレンジしてパターンを起こし
   これが全面にぱあ~っと広がったら素敵だと思うんだけど・・・
 となんだかわけのわからないツアーに旅立たせてしまいました。。

 

     2021s167.JPG

  

   模様と模様の感覚も刺してから様子を見ないとわからないのでまず1ケ模様を
   刺してみてね。あとは見てからバランスをみて決めていくから・・・
   なんて完全ミステリー! よくぞ挑戦してくださった。
   模様の感覚はようやく決まり良い感じに広がっています。
   その後自粛に入ってしまったのでどこまで広がったか・・・
   Iさんご協力ありがとう! 出来上がりが楽しみです。
   素敵な1枚に仕上げましょうね。
   


2021-09-11 18:39:00

 

 湘南台教室のTさんは直径30㎝くらいある丸い蓋付BOXを見つけ
 「蓋の部分に刺繍しよう!」と決めたのだそうで
 このBOXなら将来子供たちに渡しても使ってもらえそうと
 なんと9ケも購入したんですって。
 1つずつ刺繍の手法を変えて全部仕上げたら楽しそう・・と
 ハーダンガー、ドロンワーク、クロスステッチ、フィレ、プントアンティーコ、
 ヒーダボー、シュバルム、レティチェッロ・・・
 と進めてただいまはブラックワークを刺しておいでです。
 もちろんベテランですからお1人でデザインも含めどんどんお進めで
 皆さんと一緒になって凄いね~楽しみね~と見せていただいています。
 Tさんはいつも手仕事のアンテナを立てていらっしゃり洋書を購入したり
 わからないステッチを解読して刺してみてきちんとノートに整理なさったり
 技法をご自分のものにしてこなしていく様は脱帽です。
 そして何より手が美しい! 
 途中ではありますがBOXになる姿を想像しながら拝見させていただくことと
 いたしましょう。
 お嬢さんたちやお孫さんに最終的にはお配りになる‥と言うことですが
 拝見したお仲間と一緒に私も家族になって1BOX欲しい!・・・
 とお話していたのでした。

 

       2021s162.JPG

 

 

        ***********************************************************

 

         9月13日の自宅教室よりほとんどのお教室を開講いたします。
   ご自身の判断でご無理のないようにご参加いただきたいと思います。
   尚、16日の長津田教室は休講といたします。

 


  


2021-09-08 08:16:00

 

 ずっと都心のクラス、自宅教室は自粛休講としておりますが
 湘南台教室だけは開講しておりました。
 月2回4クラスあるうちに各回出席人数が偏らないよう各生徒さん方への連絡、
 手指消毒お掃除等徹底したシステムを役員さんたちが構築してくださることもあり
 開講を決断いたしました。ご協力ありがとうございます。 

 ということで手は止まらず皆さん進む進む。
 Sさんの作品が出来上がりましたのでご紹介します。

     2021s151SS.JPG

 

 

  白生地に白糸とECRUそして段染めの糸を配置良く入れた作品です。 
  段染め糸は米国カリフォルニアのオーバーダイドフロスという糸を使用しました。
  #25の太さですので2本どりのかがりでしたが段染めの分量を見ながら
  白糸とECRUとのバランスを考慮しながら仕上げました。
  オーバーダイドフロスは色数がすごくたくさんありますが
      段染め糸は思ったより色がはっきり出ますので
  なるべく優しい色合いのミックスを選んで使用しました。 

 

          2021s153.JPG

 

          美しいでしょ!

 

 

 
 
 


2021-09-06 09:27:00

 

 5回に渡って1作のドイリーを作成するヴォーグ学園での短期講座が
 9月4日終了しました。
 作品は白のオリジナルのデザインドイリーでしたが3時間を5回に分けて
 説明するのにちょうど適した大きさでしつけに始まって仕上げの説明まで
 良い感じにスムーズに終了いたしました。
 ご参加の皆さんはもう過去に様々な刺繍と向き合って来られている方々なので
 初回のしつけの進め方を見ただけでこれはスムーズに進められる‥と安心して
 毎回を楽しみました。
 毎回の説明の後は次の回に新たに説明をするところまでほとんどの方が
 完璧に終わっていらっしゃるので用意しておいた順序立てた説明を
 スムーズに進めることが出来、安定のクラスでした。
 逆に喜ばれたのは、間違えて切ってしまった時の柔軟なお直しの仕方や
 どこで糸継ぎをしたら効率がいいかとか、美しく仕上げるためのポイント等
 上級者ならではの質問の数々。
 「この織り糸をこっちから引っ張って・・・」なんてごまかし方?をご伝授すると
 「目からうろこ~」とお喜びでしたよ。
 ご参加の皆様ありがとうございました。
 尚、コロナ禍での開講となり後半お休みになってしまった方もおありで
 最後までご説明できず申し訳なく思っています。
 もしお困りのことがありましたらどうぞHPのお問い合わせコーナーに
 ご連絡ください。
 皆さままたお目にかかりましょう。

 

 2021s156.JPG

            2021s155.JPG

   

  2021s157.JPG 2021s158.JPG 

      2021s159.JPG 2021s160.JPG
 


1 2