Report

2020-03-02 07:45:00

 

 

 私がお教室を始めたての頃、プロになるためにきちんと自身のオリジナル作品を
 沢山仕上げなければ・・と意気込んで毎年連続で出展したNordicNeedlleのアワードで
 ほとんど同じ時期アメリカ人のマリーさんという方も毎年のように出展していらして
 彼女の優しいそして独創的なデザインをいつも楽しみにしておりました。
 2006年の冊子に出展なさった作品はマントルピースのエッジング。
 直線での描写になってしまうハーダンガーに見事に曲線を持ち込んだ素晴らしいパターン!
 でもマントルピースはないしなあ~どこかでチャンスがあったら使用してみたいモチーフとして
 頭の中でチェックをしていました。
 前回の作品展前、長津田教室のIさんがトラバイユーズをお作りになる時「せんせ、何か良いアイデアは
 ないかしら?」とおっしゃるのでおっ使っていただこうと蔵出ししてその模様行きをアレンジして
 素敵なトラバイユーズに仕上がりました。

 

                 2017s342.jpg

 


 そして昨年作品展のその模様を興味深くきちんと画像に収めていた自宅教室S さんが
「せんせ、これは素敵! 是非ものを変えてドイリーに出来ますか?」とおっしゃって出来上がったのが
 こちら。繰り返されるひし形のような模様をどんどん刺すと丸いラインが出来上がっていく・・・
 刺しているご本人がとっても楽しそうでそして自宅教室のマニアックな面々がにっこにこ顔で
 きゃ~刺したい!!と騒いでいたのでした。

 

   2019s041.JPG

 

 次Reportに続く。