Report

2020-04-13 11:28:00

 

 自粛前にフレームに仕上げたい!とお預かりしていた作品。
 そんなに長く会えなくなるとは思っていなかったものですから
 額装を終えてもそのまま次のお教室までとお預かりしていました。
 ええ、人質ならぬ物質として・・・
 がいつお渡しができるかわからない状態が続きますのでお写真をパチリさせていただいて
 お送りすることとしました。
 先だってお送りしたフレーム入りの作品を受け取られたTさんからは
 「この状況下に仕上げた作品思い出深い作品として飾らせていただきます。」と
 ご連絡いただきました。

 

    2020s055SM.JPG

             湘南台教室 Mさん

                 フィレを3段そしてその間にはドロンワークを施して・・

 

    

        2020s056JT.JPG

              自宅教室 Tさん

                 #25の糸を1本どりでクロスステッチ、Tさんの世界が広がります。

 

  毎日のように生徒さん方からメールやお葉書をいただきます。
  「毎日のニュースに気持ちが落ち込みますが先生のHPで元気をもらいます。
  刺繍がそばにあってよかった!」との内容。
  返信には「私はせんせいですからみんなに元気を届けます。」と書いているのですが
  能天気に元気なわけでもなく逆に皆さんに元気をいただいています。
  なるべくだらしなくならずいつも通りに朝6:25のテレビ体操をし昨日と違う洋服を着、
  お化粧をし、時間で区切って仕事をこなす。
  まず私にできることは家の中で普段通りに暮らすことでしょうか。
  今毎日している刺繍が次のステップへつながると信じて・・
  チクチクは祈りにも似て心を穏やかにさせるための良い手段でもあります。
  どうぞ皆様手仕事を武器にこの難局を乗り越えましょうね。
  心細くなったらご連絡ください。

 

  Mさん、Tさん、Fさん、Tさん、Sさんフレームお送りいたしますね。