Report

2020-09-23 13:05:00

 

 引き続き来年の鎌倉教室の作品を作成しています。
 ハーダンガーあり、クロスステッチあり、シュバルムあり、ドロンワークあり・・と
 サンプラーですから様々な手法を組み合わせ最後はタペストリーになるよう
 仕上げるつもりです。
 今日の画像はドロンワークの1つ、上部にダーニングでかがったドロンワークを施しましたので
 ちょっとお見せします。
 横糸をすっぽりと抜いて上下にフォーサイドで4本ずつ区切られた縦糸を4,3,2と段々になるよう
 ダーニングしていきます。8模様で1つのダーニングが完成。
 2区切り開けてまた8模様を繰り返し開けた2つのところに画のような模様を入れてみました。
 こういった模様の時は逆算してフォーサイドの数を8,2,8,2,8…最後は8で終わるよう決定させておきます。
 結ぶタイプと違ってダーニングは面を埋めますのでダイナミックな印象に。

  

               2020s155.JPG

                         
                                                                       あと少しで完成しそう。
                         出来上がりを楽しみにお待ちくださいな。