Report

2021-09-18 15:20:00

 

 三越カルチャーサロンにお通いのNさんはシュバルムの大きいのに
 挑戦したいと言ってパターンを起こしたのは20年に入ってすぐのこと。
 とってもとっても大きな作品ですが毎回毎回少しずつステッチを確認し
 刺し進め中央シュバルム部分はほとんど終了。
 丁寧に1ステッチずつ埋めてくださいましたよ。
 周りには素敵にドロンワーク入れたいわよね~というところで
 自粛期間に入ってしまいました。
 ドロンワークの場所決めてくるから作品お預かりして持ち帰っても良い? 
 決めたらお送るするね・・・
 ということで作品は後半戦仕上げにかかります。
 自粛期間を超えてずっと皆さんとつながっていられるのは
 とても嬉しく私自身の支えにもなります。

    

 

      2021s145.JPG