Report

2018-01-20 12:48:00

 

 昨年暮のReportで大切な刺繡仲間を亡くしたお話をしました。
 Oさんはノルウェーの旅行にも同行し、ハルダンゲルミュージアムで
 一緒に作品を見た時一番素敵だったエプロンを帰国してから
 「是非刺したい! せんせ、パターンを起こして欲しい。」と依頼を受けました。
 2年半余りの間とても細かいステッチをコツコツ刺しておいででしたが
 途中で病魔に襲われ続けることが出来なくなってしまいました。
 まだお話ができる時にお会いして是非続きを刺し上げて欲しいとお願いされました。
 Oさんと仲良しだったTさんを通じて刺しかけの作品は私の手元へ。
 スタッフのEさんにお話しすると涙を交えて是非彼女のお元気なうちに仕上げましょうと
 協力くださり自分の作品を後回しにお手伝いくださいました。
 が、仕上げを見ることなく逝ってしまわれました。
 昨年のうちにEさんから刺繡部分を受け取りこの度ようやくミシンかけを終了し
 先週周囲をまつり上げエプロンに仕上げ終了することができました。
 見て下さい、この手仕事!!
 バトンをつなぎようやく仕上がった尊い作品。
 後から仕上げた部分は生地の色も新しく逆にそれが様々な時間を物語ります。

 

          2018s015.jpg

 

                                         

 2018s013.jpg

  

 この作品は私の本p.50に出ています。
 1900年のパリ万博の作品が蘇りました。
 作品展にはOさんが私に残してくださったカルトナージュで仕上げた糸ケースと共に
   皆さんに見ていただこうと思っています。
 Oさん天国から見ていてね。

 


2018-01-14 16:30:00

 

 長津田教室Hさんの大きなフレームが出来上がりました。

 

                   2018s009.jpg

    優しい小さなリースが12ヶ並びます。
    購入した本にこのリースを見つけた時、花糸の大好きなHさんのお顔が浮かびました。
    早速「ね素敵でしょ。」と半ば強引にお見せすると
    とても喜んですぐに刺し始めたいと・・・・
    花糸はお穣さんが「全色プレゼントしてくれたの・・」と言いつつ
    それには手をつけず新たに使用色を全部そろえコツコツとお刺しくださいました。

    

2018s010.jpg 2018s011.jpg

 

  1つ1つがホントに可憐でリースに詰まっている小さな幸せが沢山並べて花開いた感じで
  まだご本人にも仕上がりをお見せしていないのだけれど嬉しくなって皆さんに
  公開してしまいます。
  同じ区画を12あけダブルマットにしたフレーミングも可愛らしく仕上げ作業も心弾みました。
  Hさん今週お持ちしますね。

 

 


2018-01-12 19:07:00

 

 9日の自宅から今年のお教室が開始いたしました。
 9日の午後にはもう作品展のDM用の写真撮影、打ち合わせも済ませ
 またお教室では出展作品の聞き込みを開始!!
 超多忙な生活が始まりました。
 まだ自分の作品も出来ていないのだけれどお正月休みまではここまで・・と
 思っているところまで刺し終えたらちょっぴり安心してしまって。。
 イカンイカンと改めてモードをオンにしているところです。

 

  出展作品の聞き込み調査は例の生徒さんそれぞれのカルテ(昨年一新したので2冊)を持ち出し
 「ほらあの作品があるじゃない。」「あのグレーの生地に白糸で刺したやつ・・」
 「あ~あれ?せんせよく覚えていますね・・」なんて調子で
 「誰にもあげてないよね」「あげてたらちょっと返してもらって・・・」なんて
  またまた笑いながらチョイスしています。
  沢山作品をお持ちの方ご自分のお出しになりたい作品決めておいてくださいね。

 

 

 今日の画像。お正月に毎年干支を入れて年賀葉書をお作りになられる自宅教室Nさん。
 今年は可愛らしいワンチャンで。

 

2018s006.jpg 

 

 それから暮に出来上がった作品をお年賀葉書にお使いになった自宅教室Tさん。
 こちらの現物は作品展にもお出しくださるはず。細かい美しい手作業を
 皆さんお楽しみに・・ 

                                                              2017349.jpg

 

 


2018-01-06 10:05:00

 

 明けましておめでとうございます。
 

 昨年はいつも通りのお教室の他、1月の日本ヴォーグ社手づくり手帖のワークショップ、
 4月のdeuxRさんとの個展、6月にみなとみらいでのランチミーティング、
 7月から伊勢丹オトマナの定期講座のスタート、11月に京都でのワークショップと
 盛り沢山の内容でした。
 企画をするというのは1人で考えて出来るものでもなく多くの関係者とのお話の中で
 決まっていくことなので話し合いを積み重ね形になっていく過程を楽しみながら
 前に進めることができました。
 ただいまも4月に開催予定の合同作品展に向けて多くの事案を進めている最中ですが
 とりわけスタッフとして働いてくださっている4人には針を持つ手と事務作業と
 両方をお手伝いしていただき9月には合宿までしてしまいました。
 ピン芸人?!なんて言っていますが1人では何も出来ず周りを巻き込み
 多くの方々にかかわっていただいていることに感謝をしながら
 今年も進めていくことといたします。
 皆様本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 さあ当面は4月の作品展!
 主役は生徒さんお1人お1人です。
 どうぞ針を持つ手も仲間とのかかわりも私とのやりとりも楽しんで4月を迎えましょう。
 パワー全開でまいりますよ。 

 

        2018s004.jpg

              画像はいよいよ出来上がりが想像できるところまで刺し上がってきた新作。
     花糸を70束も使用しています。
     お年玉チラ見せです。

 

 1月は鎌倉教室のスタート月になりますので昨日は初荷で山のように材料を発注いたしました。
 せっかく片付いた部屋はまた戦場と化す予定です。。
 

 

 

 


1