Report

2018-06-09 12:49:00

 

 2Fの作品はまずこの1枚から・・  
 

2018s002.jpg 

  こんなに太陽光で劣化してしまったカフェカーテンをカルトナージュの広岡先生に送りつけ
  何かに変身させて!とお願いをしたところ

 

IMG_6633.JPG

       こんな風に出来上がり搬入当日に送られてきたのでした。
       フレームの中の女性のスカートに・・Mのクロスステッチは帽子型の小物入れに・・
       そして楕円の箱に・・・
       何でもこういうボロボロなものを見るとワクワクしてイメージが膨らむのだとか・・
       素晴らしい発想にまたまた私も刺激を受けるのでした。

     

 この壁面は広岡先生とも共通の生徒さんだった亡きOさんの作品と飾ろうと決めていました。 
 同じくエプロンを作られたNさんの作品と2点を並べて・・・

     

    2018s193.jpg

   

     IMG_6632.JPG 
   糸入れのBOXはOさんが生前、広岡先生のご指導の下
   作られた作品。実はまだお元気な時に私に贈与してくださった宝物!

   広岡先生からお借りしたアンティークのカルトナージュとともに飾らせていただきました。

            

         IMG_6607.JPG

          京都にお出かけ前に時間を作って来てくださった広岡先生と2ショット!
          先生、ありがとうございました。

 

2018s192.jpg

 

   手仕事の素晴らしさを見事に表現なさったOさんの最後の作品。
   彼女のお嬢さんもわざわざ名古屋から駆けつけてくださいました。

 


2018-06-05 17:55:00

 

 そして大きな作品たち。

 

2018s187.jpg

2018s186.jpg

2018s183.jpg

2018s184.jpg

2018s185.jpg

 

 1つ1つの作品にコメントをつけていきたい・・・と思うほどの力作ぞろいでした。
 これらの作品の工程に全てかかわっていたのかと思うと涙が出そうです。
 1つ1つの作品にドラマがあり、 あの時あの部分を変更させてしまったっけ・・とか
 糸の色はこっちがいいわ・とその日のメンバーの意見で変えてしまったり・・
 手が腱鞘炎になりそうと騒いだ顔・・あのステッチをここに組みたいと我儘を聞いてみたり・・・
 当たり前ですがだんだんと大きくなると糸の分量でどっしりしてやってもやっても進まな~いとの
 嘆きを共有したり・・・
 スポットライトを浴びて出来上がった作品たちが嬉しそう!

  

 やっと1F終了デス。。

 

 


2018-06-05 17:41:00

 

 1F最後は大きな作品のコーナーです。

  

    2018s188.jpg

 

  SAJOUの本からヒントを得て作り上げた長津田教室4名によるシリーズです。
  ベッドカバー、ランナー、ソファ賭け、クッション。
  お隣の柄と色がぶつからないように剥ぎ合わせるだけでも大変!
  見ごたえのあるコーナーとなりました。

 

   

2018s189.jpg

 

     そしてお隣はホルベインステッチで刺し込んだタペストリー?風に飾り付けましたが
     つくられたご本人は玄関マットにするといっておいでです。
     刺し色にちょっぴりブルーとワイン色を使って楽しい模様行きの作品です。
     コークのしっかりした布地に映える色合いとなりました。

 

 


2018-05-31 19:13:00

 

  2台のテーブルにはサイズの小さいドイリーの数々と大きくて壁に貼りつけられない作品と。

 

IMG_6918.JPG

  

IMG_6381.JPG

 

     ただいまご覧の皆さんのPCや携帯の向こうでため息がもれていることでしょう。


2018-05-31 18:39:00

 

 その隣の壁面には2016年鎌倉教室の課題だったシュバルムとドロンワークのの作品。
 色違いで違った雰囲気を楽しむことが出来たと思います。

 

     2018s179.jpg

  

2018s180.jpg

               2018s176.jpg

 

  そうしてランナーやカフェカーテンの数々。

  

2018s174.jpg

 

 

2018s175.jpg

 

 

2018s178.jpg

 

    美しい同じステッチの繰り返し。ギャザーを寄せて優しい表情が生まれます。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...