Report

2018-06-05 17:41:00

 

 1F最後は大きな作品のコーナーです。

  

    2018s188.jpg

 

  SAJOUの本からヒントを得て作り上げた長津田教室4名によるシリーズです。
  ベッドカバー、ランナー、ソファ賭け、クッション。
  お隣の柄と色がぶつからないように剥ぎ合わせるだけでも大変!
  見ごたえのあるコーナーとなりました。

 

   

2018s189.jpg

 

     そしてお隣はホルベインステッチで刺し込んだタペストリー?風に飾り付けましたが
     つくられたご本人は玄関マットにするといっておいでです。
     刺し色にちょっぴりブルーとワイン色を使って楽しい模様行きの作品です。
     コークのしっかりした布地に映える色合いとなりました。

 

 


2018-05-31 19:13:00

 

  2台のテーブルにはサイズの小さいドイリーの数々と大きくて壁に貼りつけられない作品と。

 

IMG_6918.JPG

  

IMG_6381.JPG

 

     ただいまご覧の皆さんのPCや携帯の向こうでため息がもれていることでしょう。


2018-05-31 18:39:00

 

 その隣の壁面には2016年鎌倉教室の課題だったシュバルムとドロンワークのの作品。
 色違いで違った雰囲気を楽しむことが出来たと思います。

 

     2018s179.jpg

  

2018s180.jpg

               2018s176.jpg

 

  そうしてランナーやカフェカーテンの数々。

  

2018s174.jpg

 

 

2018s175.jpg

 

 

2018s178.jpg

 

    美しい同じステッチの繰り返し。ギャザーを寄せて優しい表情が生まれます。


2018-05-29 19:19:00

 

 作品展後新しい作品にとりかかる方が多く材料準備に追われていてHPがおろそかになっていました。
先を急がないと全部のご紹介が終わるまでに夏を通り越し秋になってしまいそう・・・
もうご存知の方はあそこまでいったから次はトラちゃんのところね・・
なんて待っていてくださったに違いない。。
はいその通り、トラバイユーズ、トレイ、バッグのコーナーです。

バッグが11ヶ、トラバイユーズが14台、トレイが15台並びました。 

 

2018s158.jpg

 

 

2018s159.jpg

                

 

           IMG_6663.JPG

 

  トラバイユーズとトレイは能村氏のご協力の元できた木工製品。
  そしてトラバイユーズの最終縫製、バッグのお仕立ては藤田さんのご協力。
  それぞれの作者の他にご協力いただいたお2人も目を細めて見て下さいました。
  どちらも力作ぞろい。1つとして同じもののない様々な手法の作品たち。
  ご覧になった方々もお気に入りが見つかったことでしょう。

 

   


2018-05-21 21:18:00

 

 クロスステッチのコーナー。

 

        IMG_6920.JPG

 

   それぞれのクロスステッチのチャートに収まることなく周りのクロスステッチやドロンワークなどで
   一手間加えたりフレーミングにこだわったりオリジナリティーを出している高度な作品が集まりました。

     

     IMG_0176 (640x480).jpg

 

               2018s125.jpg

 

2018s124.jpg

                                                   

                                            2018s126.jpg

 

2018s127.jpg

 

                                                                     IMG_6529.JPG

 

    どんなに大きな作品になっていっても周りに他のステッチで飾る場合は中心からの目数が
    とても重要です。バランスや縁飾りがピッタリ合うように計算する為に全て中央からのしつけを
    追いかけて入れていきます。