Report

2019-08-24 23:55:00

 

  最後の夜はホテルから5分程の所にあるチボリ公園内のレストランで全員揃って
  食事をとりました。 
  チボリ公園は土曜の夜、そして夏の終わりの一番華やいだ時期で強い日差しを遮って歩いているのは
  私たちだけな感じ。老若男女みんなとっても楽しそう。

 

 

 

749D05CF-83C6-403B-8F9B-2A4C3AB04A3F.jpeg

 

 

E4E03061-708D-48D0-8E85-61CE60A60E31.jpeg

 

EDF46779-B06C-4CD0-9F6A-48EB8979F939.jpeg

 

 

   ミュージアム巡りやワークショップ等毎日盛り沢山だったにもかかわらず皆元気で楽しく
   日程をクリアできたことを喜びながら全員で乾杯を致しました。

 

0382E454-F5EC-4B2E-9B28-6892EBD80713.jpeg

 

 

24D06D36-93EC-42A0-8160-BAB969C7C32B.jpeg

 

 

 

 

 

8B39D271-4D38-4812-99D7-BA2695D88AF3.jpeg

 

 


2019-08-24 23:43:00

 

   午後はいよいよスカルス手芸学校のワークショップです。
   前にも経緯をお話ししましたが企画段階でスカルス手芸学校に行きたいけど
   電車でコペンハーゲンから5時間も離れた場所にあり無理よね〜と旅行会社に相談すると
   ダメ元でとりあえず連絡をしてみます。…が一転してわざわざコペンハーゲンに出向いての
   出向ワークショップが実現いたしました。
   それも場所が旧ニコラス教会内の会議室というではありませんか 。
   

D579B1D8-0F4A-4B57-909C-7B1C86376313.jpeg

 

   たった2時間ではありますが内容の濃い2時間でした。 
   前もってヒーダボーのスカラップを各種教えてほしいと連絡していましたので
   トートバッグの淵に4種のスカラップが練習できる様材料を用意してくださいました。
   先生はビヨーク先生とミッテ先生のお2人。

 

A07EC560-2D4B-4883-A7A5-144089811AB1.jpeg

 

 

70F4C937-3B75-42D9-ABB8-D7D0FE07E49A.jpeg

 

 

25685BE3-747E-4E2D-BD29-67BB71EE0F8A.jpeg

 

    覚えがいいわ、あなた達。。ええ、うちの自慢の生徒さんたちですもの…と思いつつ
   みんな黙々と刺したのでした。たった2時間でほんの数センチずつしかできませんでしたが
   先生方と楽しい時間を過ごしました。同じ手仕事仲間は世界共通!
   こちらの縁飾りも何かに使えたらいいなと思っています。

 

31E7F207-F933-44CA-A64B-EAD625F574D5.jpeg

 

    そしてね、サプライズがありました。

    お借りした場所の1F がカフェだったのですがちょうどその時結婚パーティーを開催していて
    なんと花嫁さんと花婿さんがお菓子のお裾分けを持って2Fに上がってきてくれたのです。
    なんという幸せのおすそ分け‼︎

 

57E88609-9154-45BB-8A75-4E977BFC39B2.jpeg

 

  全てを終了させ使ったお部屋をあそこの窓が開いているところね………と確認しましたが
  まああそこでやってしまったのね!!!…と思わず鳥肌が立ってしまいました。

 

 

D4F14590-7CF5-4385-831B-B51DCBBD24AF.jpeg

 


2019-08-24 20:08:00

 

  24日はストロイエ通りを通りその先にあるトーヴァルセン広場の蚤の市に行きました。
  店舗数は少なかったものの皆さんそれぞれにシルバーのスプーンやブローチ、
  中にはロイヤルコペンハーゲンの小皿を何枚も買って帰ったら私の本の
 フレームの作品を作るわ…と言っていらした方も。
  午前はそこで解散!めいめいお買い物に走りました。

  そしていよいよ午後は最後のワークショップです。

 

14620EBB-1ECB-4ED8-87B1-57195E11CB11.jpeg

 

BC36A4C1-395E-46B1-83CC-B663C69CF45C.jpeg

 

516DFC75-F3BA-4C87-9028-0A4A08DBE588.jpeg

 

 

 

8B869FE0-9420-48CC-8EF2-B64B9327FC2F.jpeg

 

 


2019-08-24 05:27:00

 

   午後からは空港そばのアマーミュージアムへ。ここは昔農業を伝えるために
   オランダから移住して来た人たちの生活ぶりを紹介するミュージアムで
   実際今も家畜が飼われのどかな雰囲気の場所です。
   ここも5年前に伺いましたが作業小屋を通り抜け一番奥の部屋に
   その当時の衣装が飾られているのを知っていたので皆んなをあっちあっちと
   誘導してチェストの中を拝見しました。
   ここの展示で黒の生地に黒糸を使用したお帽子があったのですが
   実は私の本の黒い作品はここからヒントを得て作りました。。
   参加の皆さんもこの旅を通じて博物館で見た作品群がヒントとなり
   新たな創作の展開となったら嬉しいです。

   

D5D45108-F1AC-4BE5-AF4E-7655B44CE7F7.jpeg

 

B5120821-B2FE-4BC1-8A36-9DB02B21A21E.jpeg

 

897F0242-AFD1-411D-BB0D-492BB2BC602F.jpeg

 

    ミュージアムの後は近くにあるドラウアーの街並みを散策。
   実際にお暮らしの家並だそうですがまあとっても可愛らしい!
   

 

30D62381-A84B-4347-B5EE-BB8388B90561.jpeg

 

 

E43B5938-8DA9-441A-93A0-A9EEA2073534.jpeg


2019-08-23 18:24:00

 

 23日、コペンハーゲン市内から約40キロ離れたグレーブ地区にあるグレーブミュージアムを見学に行きました。1826年に建てられた茅葺屋根の黄色い家でヒーダボーの宝庫です。ガイド付の見学班と自由見学班に分かれ
1時間ずつ館内を堪能しました。

 

455EB6F0-CE0E-476E-9ABA-33BF1E07199D.jpeg

 


ガイド役のカミラさんに5年前にも来ましたよ。と伝えるとお帰りなさいとにっこり微笑んで
くださいました。とても丁寧に時代に沿って説明をしてくださいました。
暗いお部屋をクリスマスに明るくするために白糸の刺繍を飾ってお祝いをした話、時代に沿ったヒーダボーの
変化、衣装の部位に使われた麻生地のお話等1時間をたっぷり使って皆満足げです。
刺繍の展示は皆さん激写!ミソノは代表してお帽子をかぶせていただきました。
次の班にバトンタッチすると2階の現代アート的なクロスステッチの展示を見たりショップを楽しんだり
20℃弱でしょうか爽やかな心地の良い風に吹かれてみなさんをお連れして本当に良かったと
ホッとしているところです。

 

E66F60B0-92E3-4ABA-8929-49D20422DF3A.jpeg

 

 

4B07BC80-0CFA-4877-9A08-B650CA564FD9.jpeg

 

 

F518113E-AFF7-4937-92D1-E997CDBD210F.jpeg

 

 

1D810034-6914-4587-A4E6-0FD0BD2D861B.jpeg

 

 

5275C834-3F90-4074-BF70-CC9D00847F61.jpeg

 

 

                                                                                  EA5A2A3E-C95B-4FF9-BA2A-DC177BEC316F.jpeg


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...