Report

2019-09-26 08:20:00

 

  各ミュージアム、ドラウアーの街並み、そして普通の民家も
 窓辺がとても美しい‼ 見られること前提のカーテンのあしらい・・・
 画像をどうぞ。

    

   

DSC_0438.JPG  IMG_0239.JPG

IMG_0151.JPG   IMG_0241.JPG

 

IMG_8981.JPG   IMG_0650.JPG

 

IMG_0729.JPG   IMG_0730.JPG

 

          IMG_0767.JPG   IMG_0781 (2).JPG

 

      IMG_0787 (3).JPG IMG_0768.JPG                                                 

 

                     IMG_0790.JPG

 


2019-09-24 15:19:00

 

 Greve Museum

 クリーム色の壁、茅葺の屋根、中庭、カフェでのランチの優しいお味・・
 全てゆったりとした時間が流れます。
 こちらで撮ったヒーダボーの数々もお載せしておきます。

 

IMG_0616.JPG

                       

           IMG_9203.JPG

 

  

IMG_0634.JPG  IMG_0643.JPG

 

 

IMG_0656.JPG  IMG_0673.JPG

 

 

IMG_0660.JPG  IMG_0674.JPG

 

 

IMG_0662.JPG  IMG_0640.JPG

 

 

IMG_0688.JPG  IMG_0686.JPG

 

                        IMG_0679 (2).JPG

 

                           言葉は何もいりませんね。


2019-09-20 08:30:00

 

 Rosenborg Slot

    ローゼンボー宮殿はクリスチャン4世が1606年から28年の歳月をかけて作らせた
 オランダルネッサンス様式の夏の離宮です。
   現在は国有財産となりデンマーク文化の息吹をつなぐ芸術品などの王宮コレクションを展示する
 博物館になっているのだそうです。
 ロシアの皇女カテリーナ2世のために制作されたロイヤルコペンハーゲンのオリジナルのフローラダニカの
 シリーズを見学目的にここをコースに選びました。
 ポーセラーツをなさるメンバーのIさんのたってのお願いでもありましたしボタニカルはきっと全員興味が
 あるに違いない・・と思って。
 団体の予約時間や持ち物もチェックが厳しくA5サイズが少しでもオーバーすると
 ロッカーに荷物を預けなくてはいけません。がそんなチェックの厳重さを上回る展示の数々でした。
 バラのお庭も美しくコペンハーゲン市民の憩いの場となっているようですし建物も荘厳。
 がしかし何といってもお宝の数々‼

                               

2019.22.JPG

       

                                             2019.25.JPG

 

2019.26.JPG

       

                         2019.27 (2).JPG

 

            2019.28.JPG    2019.30.JPG

               

    2019.32.JPG     2019.33.JPG

 

       宮殿の螺旋階段にはボタニカルアートが・・・そして念願のご本を購入、ご満悦のIさん。


2019-09-17 20:43:00

 

 Hardanger Folke museum 2

飾られていたハーダンガーの白糸刺繍もお見せしましょうね。

  

        2019.4.JPG

 

9A316ED7-F184-448F-99E1-E8399AC12E1A.jpeg

             2019.10.JPG

 2019.8.JPG

          2019.14.JPG

   2019.6.JPG

         2019.11.JPG

             

           やっぱりハーダンガーは美しい‼ 凛とした表情が心を穏やかにします。

 

 

   ワークショップをしたお部屋の両端には民族衣装を着たお人形が飾られていました。
   あちらでもまた日本でも刺繍人口が少なくなっているのは確か。
   手仕事の尊さなんて偉そうなことを言わずともこんな素敵な時間の使い方があるのよ・・・と
   若い方々に伝えたいなあと思うのです。

 

IMG_8971 (2).JPG  IMG_8972 (4).JPG

 

          IMG_8972 (3).JPG  IMG_8972 (2).JPG

 

 

 ミュージアムの坂の下のフェリー乗り場の脇にあるウトネホテルというところで
 お茶をして帰る‥と企画していたのですが残念ながら雨天でテラスが使えず中止になってしまいました。
 これは次の宿題にしておきます。

 


                       

 


2019-09-14 15:11:00

 

 Hardanger Folke museum 1
 すでにReporにも書きましたが素晴らしい興奮の展示でした.
   1021点のブリンクフリード‼

 

    34498708-BC18-4BBD-AB2F-B829108333F8.jpeg

 

DD83CFBC-ADE9-480C-BF55-9EFC3BB5720A.jpeg

 

   個人的にでしょうが展示に愛がこめられ今現在の展示がこれだけ充実していることが
   私はとても嬉しく感じました。
   館長のアグネスは5年の間に頼もしくなったような気がして皆が早々にランチを切り上げ
   ショップに行っている間ガイドさんを介して沢山お話をしました。
   前日こちらでお勤めしていらしたヴォスのエレーナさんのお話、
   前回お手伝いをしてくださったリブさんのこと、もちろん展示物のお話・・・ 
   私の本はフランス語、韓国語があるのになぜ英語がない?とおしかりを受けました。。
   2回目というのはなんと素晴らしいことでしょう。
   皆がワークショップでお勉強している間こっそり誰もいない1000点のブリンクフリードの部屋に
   戻り1人佇むと時間が止まったようで涙が出そうでした。

    

  B7F861DE-3ED5-4FE8-99A4-0A7FCFF1D6D8.jpeg10E653AB-432F-4749-A19D-056B8F752B07.jpeg

 

  AEBD12CB-D1C0-4992-81D9-D2E4AA55B66A.jpegFB142543-3B23-4796-9DF9-FC74AD74A71B.jpeg

 

  44104A24-F110-4F69-8E2C-FA9D93C5E58E.jpeg932DE541-4F9A-41A2-932A-EA1013FD4053.jpeg

    

  2EE9BBFC-6E58-4B7B-AEDE-5BB6022D904D.jpeg6B44A0E2-0BD7-4332-875C-D129C7C836D6.jpeg

   

  4392EF21-EEE5-46F5-861B-A50E1DBCE699.jpegE3D1003D-0C1B-4292-800C-A7ECEEF9161D.jpeg

 

 ブリンクフリードは見てわかると思いますが胸元の見えるところだけが煌びやかで
 元の刺してある生地は家にある麻布や木綿のプリントの生地だったりします。
 その家のおばあちゃまが孫娘の晴れ着のブーナット(民族衣装)を全身コーディネートしながら
 家にある生地に一生懸命刺繍する様子が目に見えるようですね。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...