Report

2019-06-03 18:05:00

 

  どんどん皆さんの作品が上がってきています。
  色々お見せしましょうね。

   

  2019s068.JPG

 

   自宅教室 Tさんの作品です。
   私の一昨年前に鎌倉教室で作った白いドイリーをもとに大きくアレンジしました。
   頑張り屋さんでいつもハイペースなTさん、ラインはウェービングでなくあの難しいのに
   チャレンジしたい・・とおっしゃるのでええあなたなら大丈夫、やってくださ~いと
   手順をお教えしましたところ、2週間後のお教室には完全にマスターしていらっしゃいました。
   意地悪な?ミソノはあなたなら大丈夫、レースの間にもそのステッチ入れてみない??と
   言ったところまた2週間後にはできている!!すっばらしいのです。
   難易度☆☆☆☆☆ 普通の人は手を出さないでください。。
   Tさん現在もすってきなものを刺しています。
   多分近々ご紹介できるはずです。


2019-06-03 17:54:00

 

 せっかくある生地の繊維をほとんど抜いてしまってこ~んな繊細な作品が出来上がります。
 きゃあ~刺繍病‼
 ちょうど2点出来上がってまいりましたのでご一緒にお見せしますね。 
 ハーダンガーを知らない方はどんな手順で作るか想像できませんよね。 
 

     

2019s071.JPG

  長津田教室  Iさん

 

    

      2019s078.JPG

        自宅教室  Hさん 

 

    下の作品は生地の色は茶色です。サテンのラインが際立って見えるのはそのせいなのです。

  


2019-05-29 07:23:00

 

 先日、日本手芸協会のHさんとお話をしていた際のこと。
 「先生はこれからどうしたい?」という質問を受けました。
 即答で「皆さんと刺繍を楽しみたいだけ」とお答えしました。
 

 その後伊勢丹オトマナの教室に入ったのですが
 Iさんの作品が出来上がり皆さんでその作品を拝見しました。
 画像はみんなでその作品を見ている際のものですが
 この時間がとっても好きなのです。
 みんな見て見て~の時間。

                  2019s088.JPG

 

  そして出来上がったIさんの作品がこちら。

 

   2019s089.JPG

 

  テーブルクロスに配された優しい花糸のクロスステッチとハーダンガーの組み合わせ。
  Iさんは後で洗った時に花糸の色落ちが嫌でまず糸にお水を通して色止めを施したとのこと。
  少し落ち着いた色合いが逆に優しい雰囲気を醸し出します。
  ご自身でクロスステッチの配分やコーナーの模様も考えられ淡々とお仕上げになられました。
  

          

            2019s090.JPG

 

                        コツコツと入れたフラワーアイレット。細いロールバーにブリオンステッチ。
        お行儀良く並んだスモールスパイダー。・・・・
        ハーダンガーにもIさんらしさが感じられます。

 

 

  その方らしい刺繍の組み合わせを提案しアレンジのお手伝いをする・・
  それが私のしたいことなのです。
  Iさん素敵な作品をありがとうございました。

 


2019-05-25 10:12:00

 

 鎌倉教室Tさんのトレイが出来上がりました。
 まあなんと楚々として爽やかで愛らしい・・・
 見ているだけで幸せを感じるトレイです。

 

    2019s094.JPG

 

      薄いブルーの生地にメインは白糸ですがところどころに配したブルーとグリーンと
      イエローが何とも優しい表情を作ります。   

 

          2019s095.JPG

 

      明日のお教室でお渡ししますね。


2019-05-19 14:46:00

 

 1ケ月ほど仕事はこなしながらも積極的に針を持つには至らず
 ぼんやりと過ごしてしまいました。
 1週間ほど前から急に新しい作品に取り組みたくなり
 ムクムクと気持ちが盛り上がってきましたよ。
 おお刺繍病の再来です。
 様々なカウントステッチをしているとハーダンガーを淡々と刺したくなります。
 今回は砂色の生地に#3865の優しい白糸。
 コツコツとサテンステッチを刺しながらどう模様を配置していくか
 実験をしつつ1模様刺しては床に置いて展開を楽しんでいます。

       
 

      2019s087.JPG

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...