Report

2019-01-30 16:05:00

 

 額をお願いしている『モネ』さんがお引っ越しをして少し我が家から遠くなってしまいました。
 今までは長津田教室に向かう途中だったものですからその日に合わせてサイクルを組んでいたのですが
 全く別便で動かなければならず時間を確保したりあるいはお届けをしてもらったり
 様子を見ながら臨機応変に動いていこうと思っています。
 皆さんからご依頼のフレームは少し余分に期日をいただこうと思いますのでよろしくお願いいたします。
 そんなモネさんに新春1番にお願いしたのは自身のフレーム。
 少し前にお手洗いを改造したお話をしましたがそこに新しいフレームが欲しいナと思っておりました。
 数年前に使用したボタニカルのカレンダーがとてもお気に入りだったので捨てずにとっておいたのですが
 そうだ!これを使おうと窓を4つ(少しずつ幅が違う)カットしたマットをつくっていただきました。
 狭い家中刺繍のフレームばっかりですがたまにはこんな感じも。。

 

        

       IMG_0678.JPG


2019-01-29 18:35:00

 

 27日、28日より今年の鎌倉アウトサイドイン教室が始動いたしました。
 新しくご参加の方が5名、カムバックの方が2名、そして旧人さんが59名、計66名。
 1月は1年のクラスの始まり月なので材料の準備が大変。
 1人ではままならずいつもの助っ人さんたちに生地のカットを手伝ってもらいながら
 お教室前に特大の荷物を鎌倉に送りました。 
 皆さんそれぞれのお色で新しい布にしつけから取り掛かる様子はとても気持ちよく
 あ~今年も始まるな~とワクワクしてきます。
 新人さんもワークショップや作品展にいらしてくださった方々でお目にかかったことのある方が
 ほとんどでいきなりの男前のミソノ教室にもびっくりせず付いてきてくださいました。
 さあ1年皆様どうぞよろしくお願いいたします。
 こちらのページでも何度かお話しましたが手の速さに差が出てきましたので
 ご自身のスピードでそれぞれが進めていけるよう努力してまいります。
 早い方は早いなりにそうでない方はそれなりに・・今回は説明を聞かなくても
 みんなに会って針を進めたいだけの方はそっと中庭か・・・
 今年も皆さんの笑顔に包まれる鎌倉通いになりますように。

 

 またまた画像を撮り忘れ・・・1クラスだけ撮れましたのでお教室風景を載せておきます。。

 

                2019s018.JPG


2019-01-25 16:07:00

 

 昨年9月にお見せした湘南台教室Sさんの何部作⁇が出来上がりました。
 「せんせ、刺し終えましたよ~」と持っていらしたらところどころに
 カラフルな糸が・・・
 前回のリポートを見逃した方にもう一度説明をすると
 Sさんが大きな生地に無駄のないようにどんどんとつめっつめにして
 違う形のドイリーをつくっていかれたのです。
 全部切り離さないで生地を大きいままに最後まで刺し終えましたとさ。
 そうしてカラフルな部分のモチーフはシザーキーパーになさるとさ。
 めでたしめでたし。。
 なわけです。凄~い。

 

  2019s017.JPG

 


 湘南台教室にはこれまた生地を無駄遣いせず、なんなら足りない部分は織り糸を引き抜き
 布をつくり、いつも私を「きゃ~ケチ~」と驚かせるさんがいます。(Kでなくなぜなのかというと
 お茶目なさんのシザーキーパーにはひらがなでと刺してあるのですもの・・)
 長年刺していらっしゃるさんはベテランなので1つモチーフを決めると生地に合わせて
 ぎりぎりまで作品をご自身でどんどん変形させて展開して作り上げていかれるのです。
 画像は出来上がった彼女の最新作品ですがどこかで見たパターンでしょ。そのパターンを使って
 自由に膨らませサイズを自由自在に変えていきます。
 そんな作り方ができるのもハーダンガーの醍醐味です。

 

           2019s016.JPG

 

                             以上ケチながしかし高度なお2人でした。

 

   湘南台教室は湘南台文化センターのサークル全部(100くらいあるらしい‥)で2か月前に
   お当番の方が抽選会でお教室を確保するのですが今日は午後の部のお教室が取れなくて
   午前のみのクラスでした。さぼったように早めに家に帰り明後日から始まる鎌倉分の
   最終チェックをいたします。

 


2019-01-22 17:36:00

 

 自宅教室Tさんはいつも細かい目の生地で繊細な作品をお刺しになり
 このページからも幾度となくご紹介してまいりました。
 この度新作ができましたよ。

    
 

 2019s009.JPG

 

   まあ何て素敵。
   1㎝に16目の細かい生地にサテンは#25の糸を2本どり、そしてな、なんと
   かがりは#25の糸1本どりです!
   ベージュの生地にグレーの糸、茶系の糸をアクセントにした独特な色合いです。
   #25を1本どりにするくらいですからアイレットもピコットも申し分なく
   ステッチがそろい美しい仕上がりです。
   毎回ご一緒の方々がうわ~と息をのんで作品を拝見します。
   

   ついでにこんなのも作りました~とさらっとお出しになったのはこぎん刺しでつくった
   まあるい愛らしいポーチ。細かい作業からミシンの仕上げまで完璧なお見事なTワールドで
   ございます。

  

2019s010.JPG


2019-01-20 10:15:00

 

 先日ご紹介したミソノ商会の重鎮?でもある自宅教室Hさんは
 ただいまもうすぐお生まれの初孫ちゃんのためにベビードレスを作成中です。
 当初ハーダンガーで・・とお話していたのですが
 ベイビーの肌触りが良いようにしたい!と相談していた時に
 大塚先生の『白い糸の刺繍』の中にサテンステッチとアウトラインステッチと
 カットワークの少し入った素敵なベビードレスを見つけこの方が優しいイメージが出るわね・・と
 柔らかい目のつんだ麻ローン生地にカウントなしで図案を書き写し刺し始めました。
 もちろんボンネットもお揃いでね。
 お孫ちゃんのお誕生を待ちわびながら一針一針愛をこめて・・・

 

 

      2019s006.JPG


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...