Report

2019-10-24 09:11:00

 

 自宅教室のSさんは月に2回水曜メンバーの重鎮として元気にお通いです。
 前作が出来上がる頃に「せんせ、次は何を刺しましょ」とおっしゃいます。
 あそこに飾るためとか使うため‥とか言わないSさんはホントに刺すことが
 楽しいだけで刺している時間、プロセス重視で淡々とお刺しになります。
 「せんせ、楽しくて新しいことを先生の言う通りにしますから何か準備してください。」
 生地の色は?糸の色は?手法は?大きさは?色糸入れる?…などの質問にノープロブレム!
 ちょいと楽しみたいから大きめのもの。。。それだけの縛り。
 あらあら大変。いいんですね、私の言う通りで・・・
 水曜メンバーからはまるで『ミステリーツアー』ね!ということで
 7月よりすでにミステリーツアーが始まりました。
 サンプラーのタペストリーを作りませんか。シュバルムやドロンワークやハーダンガー入れて。
 そうね、ちょっと色糸なんか入れちゃいましょうか。
 じゃ、適当に生地渡しますからとりあえずしつけをしといて・・なんて具合です。
 毎回お伝えした分はきちんとなさっていらっしゃいますから私も真面目に答えないといけません。
 その場で進み具合を見ながら直感で次を決めパターンに書き入れその場でコピーをとり
 手が止まることなく指示を出す・・・
 辛いけど楽しいし、何より他の水曜メンバーがチャチャを入れる…楽しいやり取りです。
 3か月を過ぎ途中経過をお見せしますね。

 

   2019s210.JPG

 

       刺し色にはDMC#25糸の新色のグレーとパープルを使用してみました。
       まだまだ3分の1程度ですが全体のバランスは取れてきました。
       私もSさんも水曜メンバーも最終はどうなるかわからず他人事のように楽しんでいる
       ミステリーツアーです。

 


2019-10-19 15:00:00

 

 先日こちらのページから鎌倉アウトサイドインが2度の台風でダメージを受け休業している
 お話をしましたところ数名の生徒さんから長くお世話になっている鎌倉教室に対し
 何かできることはないかしら‥と考えているというお話をいただきました。
 私も何もできずに歯がゆい思いをしておりますし早く通常にお戻りいただくためにも
 お見舞いの義援金を募ってはどうかと考えました。 
 どうぞ同じお気持ちでいる皆さま、刺繍教室にお通いの皆様、また過去にお通い下さった皆様
 アウトサイドインに足を運んだことのある皆様、広く義援金を募ります。
 今月中お教室に義援金用の袋を持ち歩きますのでどうぞご賛同くださいます様お願い申し上げます。

 

                              御園 二葉
 


2019-10-16 21:00:00

 

 前回の台風15号で崖から倒木がありダメージを受けていた鎌倉アウトサイドインは
 今回の台風19号で新たに屋根に大木を受け休業をしいられてただいま修理中です。
 今月いっぱいはお店もお休みとなりYさんもアパート暮らしをしておいでです。
 ご連絡を受け、今月27日28日の刺繍教室もお休みにしましょうか?と
 お話をしていたのですがYさんお手続き等でご多用中にもかかわらず近くの
 佐助自治会館をお借りくださりお教室ができるよう手配くださいました。
 お教室の皆様にはメールあるいはお手紙で連絡が行くかと思いますが
 時間はいつも通りで開講いたしますのでこちらからもご連絡いたします。

 

 佐助自治会館  鎌倉市佐助1-9-7

   駅西口を出てアウトサイドインまでの道のりを市役所側を歩きいつも右に折れる
   ペニー美容室付近の前にある鎌倉恩寵教会の脇道を左に通り抜けた突き当り右手の平屋の
   一軒家です。駐車場はありません。 

   尚、当日お茶のご用意ができませんのでどうぞ手弁当ならぬ手水筒?でいらしてください。

 

 お忙しい中わざわざご用意くださった場所です。皆様お休みしないで元気な笑顔をそろえ
 Yさんにエールをお送りいたしましょう。
 ただいまスタッフで力を合わせ奮闘中でいらっしゃいますがNewアウトサイドインとなります様
 心よりお祈りしております。ファイトだYさん!
 
 


2019-10-13 11:53:00

 

   6月16 日付のReportでも進み具合をお見せしていた港北東急カルチャー教室 Nさんの
   全面刺しの大きなテーブルクロスが出来上がりました。
   お写真を撮らせてね…と作品を家にお借りしてきたはいいが
   私のカメラの技量では十分に作品の美しさがお伝えできるかどうか…
   全面に施されたシュバルムの繰り返し模様、ラインの曲線、サテンの美しさ、
   数カ所くるりと生地を抜いたカットワーク, それに負けない幅広の外周ドロンワークのダーニング、
 その上下のジグザグライン、コーナーの模様、シュバルムに少し入れた差し色の優しさ…
   コツコツ積み上げていくと出来上がっていくのですね。
   もっとも並大抵ならぬ努力、根気強さは必要ですが。
   一生物の大作に立ち会えた事、相談にのれた事、講師冥利につきます。
   Nさんご苦労様でした。

 

 

2019s197.JPG

 

         2019s206.JPG

  

  2019s205.JPG

 

 


2019-10-08 16:04:00

 

 Report 5月19日付7月15日付でチラ見せをしていた新作オリジナル作品が
 出来上がりました。
 中の模様と外周とのバランスがいい感じに収まり中々素敵に出来上がりましたよ。
 最近生徒さん方でも注目の#3865のクリームがかった白はとても優しく生地の色になじんで
 私もお気に入りです。

 

2019s198.JPG

 

 

             2019s199.JPG

 

 

   新作ができて凄く嬉しいのはその陰で実は今回大実験をいたしましたの。
   三つ折りの額縁仕上げは色々なやり方がありますがそんなに幅広でない場合は
   本にも載せている角3つを落とすタイプをメインに皆さんにお教えしています。
   がいつも教えながらも折った生地の厚みの差が表にひびいて何となく納得がいかず
   これは一度本気に取り組まなくては‥と思っていたのです。
   今回がいい機会と思い、まずはトレーシングペーパーを買い三つ折り状態を沢山折り紙し、
   それぞれの折り面は何枚重なっているのか様々な折り方をしながら
   確認をしていったのです。やはり重なり枚数が同じになれば一番差がなく美しいので
   同じ折り数になるよう何度も試していきました。
   結果折り枚数4枚になる折り方切り方が2種類あることを発見しましたが
   切り口が出来上がりにひびかない折り方1種に絞られました。
   そして早速新作で実際試してみるととても美しい‼ 納得なのでありました。

 

      2019s201.JPG

 

    とてもマニアックなお話です。いつもの折り方で充分ですがもし興味のある方には
    お教えいたしますね。フフ
    ということで意義のある新作となりました。

 

                ***************************

 

    10月2日付のReport でご案内しました10月12日~13日開催予定だった
    湘南台文化センター祭りは台風19号の影響で中止となりましたので
    お知らせいたします。 


    


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...