Report

2021-03-22 21:34:00

 

 長津田教室OさんとSさんの作品が出来上がりました。
 このデザインは私のお教室ではとても人気のデザインですが
 同じ10目の生地でも右のSさんのグレーの作品は綿の生地
 左のOさんの作品は麻の生地を使用しています。
 雰囲気が随分と違いますでしょ。
 #5の糸を使用して模様をはっきりさせ、またラインは生地の色をリンクさせ
 サテンの上下に入れています。
 そうしてかがりは丸く見えるようとっても凝っているのですよ。
 Oさんは画像では見えませんが横長にランナーに・・・
 難易度は高いですがお好み通りの仕上げに満足度の高い1点だと思われます。
  


      2021s049NOS.JPG

 

 

 


2021-03-18 07:02:00

 

 長津田教室 Iさんのレティチェッロのクロスです。
 レティの作品はハーダンガーより穴が大きく開くのでゴージャスに見えます。
 まず土手を作りカットしてウーブンバーで全てかがってしまってから
 中の模様を作っていきます。
 ウーブンバーがきちんと入ってきれいな四角ができないと次の模様が美しく
 入りません。そのためにはいっぺんにカットしてしまうとぐずぐずになってしまいますので
 少しカットしてからかがり、また少しカットしてからかがる‥ということを繰り返していきます。 
 また中の模様も同じ模様が同じに見えるように刺すのにいつも心を整えて・・・
 とてもデリケートなのです。
 白のシャキッとした淡々と繰り返された模様、お見事です。

 

         2021s047NI.JPG


2021-03-15 08:28:00

 

 5ヶ月ぶりの開講となった長津田教室は皆さんお元気にお集まりいただき
 手には完成の作品を携えて・・・自粛中もずっと手は動いていたご様子。
 まずはHさんのプントアンティーコの作品。 
 この作品は過去に数名中央のデザインだけをお刺しになったことがあり
 随分前にパターンを起こしていましたが廻りのサテンやドロンワーク等の
 バランスがとても良いので是非大きいままの状態をどなたかに刺して
 いただけたらなあ~と思っていたのできっとHさん好みの作品と思い
 お勧めしてみました。
 サテンの優しく白いお花、中心の小さくてクリっとしたアイレット、
 ぐるっとたくさんあるブリオン、淡々とそろっているドロンワークのはしご・・・
 刺し場所の分量が見事な一作です。

 

   2021s044NH.JPG

 

            2021s045.JPG

 

   そしてこちらもできちゃいました・・とハーダンガーの作品も。
   こちらは生地のままの部分がほとんど見えない刺し場所の多い作品。
   薄いグレー#762が品よく上がっています。

 

     2021s043N.JPG
 


2021-03-08 14:44:00

 

 2月中旬からお教室を開催しているということは生徒さん方の作品は
 続々と出来上がっているということ。
 次々とお見せしたい皆様の作品が山のよう・・・

 まずは自宅教室Sさん。
 2019年にミステリーツアーと題して(2019年10月24日のReportをアーカイブでご覧ください。)
 刺し始めていたタペストリーが出来上がりました。
 2月末に今年度が開講した鎌倉教室の作品のソースとなった作品です。

 

              2021s022JS.JPG

 

     白地に白の作品ですが所々にDMCの#25の新色のパープルとグレーを
     品よく加えて仕上げられましたよ。
     ミステリーツアーの場合は刺していただいたがミソノが気に入らない場合は
     やり直して違う模様に‥なんてこともあるので私のこと嫌いにならないでね…なんて
     言いながら毎回2~3模様の指示をしながら少しずつ少しずつ進めていきました。
     自粛の期間があり間があいてしまいましたがコツコツと模様の数々を
     楽しんでいただきました。Sさんご苦労様でした。

 

 2021s026 (2).JPG  2021s024 (2).JPG

 

   そうして一番上のシュバルムのバスケット、アルファベットのクロスステッチ、
   一番下のハーダンガーの模様行きは少し変化させながら鎌倉の作品にいただきました。
   私の思いつきの変遷が分かる途中経過が今さら思い起こされ時間の流れを感じます。 
   新しい種が鎌倉教室で蒔かれ今年の終わりに多くの実りに変わります。    

 

 2020s189.JPG  2020s192.JPG

 

   


2021-03-03 14:54:00

 

 前出のクチュリエの6作目の作品の題名は«ライラックのエターナル≫(かっこいい!!)

  

      2021s037.JPG

 
    エターナルとは永遠の、無限の・・という意味ですが
    私の本の№28のトレイのようにずっと同じ模様行きを繰り返していくと
    全面刺しでご自分の好きな大きさに広げていける・・・
    本のトレイの作品は大好評でどこかのお教室でどなたか必ず刺していらして 
    多くの方に愛されています。
    クチュリエの仕事の後にムムッ、エターナル永遠シリーズは美しいし
    同じ模様を繰り返すのでお手々の訓練にもなるし皆んな刺したいはず・・
    とデザインを各種起こし始めました。 
    その第1弾、この自粛前に自宅教室Tさんに刺し始めてもらったところ
    なんと先日出来上がったと言ってお持ちくださいました。

 

      2021s027JT.JPG


    上級者のTさんは細かい16目の生地を使用しましたが皆さんはまねできませんので
    これから私が11目程度のサンプルをこしらえます。のでそちらもお楽しみに。
    エターナルシリーズこれからいくつか続きます。。
 
 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...