Report

2020-10-03 08:41:00

 

 こちらもすごい!Kさんの作品です。
 作品は引き算ですよ!!といつも言っているというのに
 ちっとも言うことを聞かず「先生に嫌われても目いっぱい刺したいの!」
 なんて可愛らしく微笑まれながらがんがん刺し上げていかれるKさん。
 糸はスペシャルダンテルという細いレース糸を使用し、ものすごく細やかな
 落ち着いた針調子で心の乱れがありません。
 なんて美しいのでしょう。脱帽です。
 慣れやお針にかけてきた時間もですがこの美しさはKさんの性格からくるものでしょう。
 穏やかな心持ちで愛おしんでゆっくりと刺繍に向き合う…
 是非皆様に見ていただきたい。

 

           2020s158SK.JPG

 

 

   2020s159.JPG 2020s160.JPG

   2020s161.JPG 2020s162.JPG

 

 


2020-09-30 15:34:00

 

 湘南台教室のレティチェッロファンのお姉さまたちの作品がスゴイデス。
 目の保養にご紹介します。
 「せんせ、うちの丸テーブルに合わせてテーブル上にまあるくレティチェッロの
 模様のパターンを作っていただけないかしら・・・」とご相談いただいたのは Iさん。
 丸く均等に開けられた穴にどんどんかがり模様をバランスを見ながら入れていきます。
 基本の模様とつなぎの模様を配置良く刺しとうとう円が出来上がってしまいました。
            

         2020s157.JPG

 

              裾にも三つ折り上にちょっとひと手間加え豪華な1枚の完成です。
                                        丸テーブルにかけられた状態を想像するだけで鳥肌モノです。


2020-09-26 19:48:00

 

 自宅教室Tさんは「せんせ、前回の作品展に出展していたこの作品を持っているこの生地
 目いっぱいに模様を入れたい!」そう言ってフィレの作品を始めることにしました。
 何模様入るかの計算をしてお渡ししたはずなのに私としたことが間違いにちっとも気づかず
 Tさんは私を信じてマスを作り始めてしまいました。
 いよいよバラの模様を入れようとした段階で「せんせ、中央の模様が違っていて数が合いません!」
 きゃ~やってしまった・・・何とかしなくては・・・冷や汗。。。。
 お教室中の他の人たちには静かにしていただいてバラの位置を何度もピンを刺したり
 フリクションペンで記入したり・・・
 縦と横がほとんど同じくらいの正方に近い生地。もしかして・・・と縦横を逆にとったら
 良い感じにどうにか納まってくれました。
 そうしてバラのお花は何事もなかったように整然と並びもう少しで出来上がるところまで来ました。
 Tさん、大変失礼いたしました。冷や汗の一件でした。

 


             2020s154.JPG

 

 

 


2020-09-23 13:05:00

 

 引き続き来年の鎌倉教室の作品を作成しています。
 ハーダンガーあり、クロスステッチあり、シュバルムあり、ドロンワークあり・・と
 サンプラーですから様々な手法を組み合わせ最後はタペストリーになるよう
 仕上げるつもりです。
 今日の画像はドロンワークの1つ、上部にダーニングでかがったドロンワークを施しましたので
 ちょっとお見せします。
 横糸をすっぽりと抜いて上下にフォーサイドで4本ずつ区切られた縦糸を4,3,2と段々になるよう
 ダーニングしていきます。8模様で1つのダーニングが完成。
 2区切り開けてまた8模様を繰り返し開けた2つのところに画のような模様を入れてみました。
 こういった模様の時は逆算してフォーサイドの数を8,2,8,2,8…最後は8で終わるよう決定させておきます。
 結ぶタイプと違ってダーニングは面を埋めますのでダイナミックな印象に。

  

               2020s155.JPG

                         
                                                                       あと少しで完成しそう。
                         出来上がりを楽しみにお待ちくださいな。
   

 


2020-09-14 15:59:00

 

 昨年の北欧旅行に参加なさった鎌倉教室Mさんより新しく発売になったヘデボの本を見て
 デンマークを思い返していた・・・とメールをいただきました。


 ただいまミソノは髪振り乱し家事の手を抜いて必死に来年の鎌倉教室のサンプルを作成しています。
 昨年の秋にミステリーツアーと題してサンプラーのタペストリーの作成を自宅教室Sさんに進めて
 もらっていたのですがその作品の目鼻が付きとってもいい感じなのでその作品のいいところ取りを
 させていただきアレンジを加えサンプラーを作成してます。
 新しい何かも組み込みたい・・・来年の鎌倉教室の皆さんの目がきらりと光るもの・・・
 そうだ、昔Mさんが旅行なさった時にどちらかの博物館で手に入れたドロンワークの
 いただいた画があったはず。。
 そんなことを考えるとお布団に入ってもあれをあそこに使いあの部分をその下に・・・と
 構想は尽きなくMさんお待ちなさい、迷プロデューサーミソノがアレンジしちゃいますよ~と
 張り切ってしまうのでした。
 そんな今日この頃にMさんからのメール。以心伝心?
 いい感じに組み込めた気がします。
 Mさんへの返信です。
 『その組み込めた作品、チラ見せしちゃいますね~』『来年もお楽しみにね~』


           2020s153.JPG      

                               張り切って仕上げます!
 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...