Report

2018-11-04 06:30:00

 

  自宅教室Tさんのテーブルクロスが出来上がりました。

  一緒にお暮らしのお母様にプレゼントなさるそうで作成過程をご覧になりながら

 出来上がりを楽しみに待っておられたそうです。

 これが大層なミソノ泣かせでございました。

 と言いますのはまずご自宅のテーブルの大きさから入りました。

  そして一番外枠に使いたい柄行きを本からピックアップし刺し始めました。

  その中に違う模様を配したいとおっしゃるので外枠の柄行きにぴったりデザイン的にも

  分量的にもマッチするよう計算して入れていきました。その作業を2段階。

  中央部分も淋しいので模様を入れたい…とおっしゃるのでう〜んと唸ってしまったのです。

  刺繍も書道と一緒で白場の残り具合であったりプラスしてプラスして作成するよりも

  どちらかというとマイナスしてデザインのバランスを見る方がスッキリピッタリはまります。

  後から付け足していくとどうしてもとってつけた感が強く一体感がなくなってしまうのです。

  普段もお教室で「せんせ、ここ淋しいからなんか入れたい。」と相談を受けますが

  大概の場合「やめた方がいいよ。」とアドバイスします。

  その作品がデザインされた時にはその方の意図があっての空白なのです。

  空いているから入れるものではないのです。

  う〜んと唸りつつTさんのご要望にお応えするべく中央には周りに配したモチーフを

  アレンジしてリンクさせ一体感が出るようにしてみました。
 (ごめんなさい、画像は中央模様が撮れていません。。)

  ミソノの頭の中でのイメージがTさんの手で刺し進められ思い通りに出来上がった瞬間の

  Tさんのお顔のよろこび具合で今回のミッションが成功に終わったことがわかります。

 

2018s349.JPG

                どうぞ家宝になさってお母様とともに楽しんでくださいね。

          


2018-10-29 19:17:00

 

 Sさんのように私のところには他にも本当にたくさんの刺激が集まってきます。
 自宅教室Mさんは携帯片手に1人で海外に行かれてしまう強者!
 いつもお話を聞いてそのワイルドさにびっくりしながら楽しみにお話を伺っています。
 あんまり1人で出かけるから「お友達はいないの?」と半分ふざけて聞くと
 「大丈夫‼せんせ、友達いっぱいいます!」と笑顔で答えます。
 昨年でしたかお1人でドイツに行かれ「せんせ、お土産!」とシュバルム博物館で購入した
 作品集の冊子を4冊もプレゼントして下さいました。
 その作品群は今まで見たことのないものが沢山。
 生徒さん方とこれ素敵ね~あ~これも、こっちも‥なんて皆さんで盛り上がりました。 
 これらをパターンに起こして生徒さん方に刺していただけたら素敵‼ とご希望の方に
 少しずつ進めていただいています。
 その途中経過をちょいとお見せしますね。                                                                 

                

                      2018s352.JPG

 

    

2018s348.JPG

   港北東急教室 Nさん

 

                       

                             2018s353.JPG

            自宅教室 Sさん

 

  さあどんなふうに出来上がっていくか・・私も当のご本人達も想像できない未知の世界。。
  ワクワクします。

 

 


2018-10-23 16:03:00

 

 湘南台教室のSさんはいつもアンテナがいっぱい立っていて
 私にいろいろなことを教えてくださいます。
 素敵なキット類、本類、様々な情報・・・ネットを駆使して
 世界を駆け巡っています。
 先日、そのSさんが「せんせ、こんな本購入しちゃった!」と私に見せてくださったのが
 昭和32年婦女界出版社発行の『ドロンワーク』という本です。
 この本がすっばらしいのです。
 ドロンワークをきちんと系統立ててインサーション(細い縁かがり)メキシコ式、イタリア式、
 ドイツ式、曲線模様、ハーダンガーと区別し書かれています。
 数多くの洋書を今まで見てきましたがこんなに詳しくさまざまなバリエーションを持って
 紹介している本に出会ったことはありません。
 きちんと研究し画像を載せ作り方まで詳しく載っています。
 それが昭和32年に発行され世の中に出ていたことにもびっくり。そしてお値段は当時のお金で¥290。
 精力的な研究がなされ体系的に把握しそして今見てもなお新しい!!!
 単なる各国の伝統的な技術や模倣にとどまらず創意に満ち溢れているのです。
 こんな本に出会ってしまうと自分のちっぽけさとともにすごいお手本にチャレンジしなくては・・と
 ますます深入りしたくなってしまいます。
 Sさん、刺激をありがとう。ミソノ頑張ります。。

                                                                        

                          2018s351.JPG


2018-10-22 17:57:00

 

 川上真子さんをこのページでご紹介した時も
 「せんせ、終わってから紹介するのでなくその前にご紹介くださらなくちゃ・・」と
 生徒さん方に怒られたばっかりでしたのに
 ぼんやりしていてこの秋の湘南台、長津田、各教室のセンター祭りの展示のご案内をするのを
 すっかり忘れていました。
 事後報告ですが両展示とも盛況のうちに終了いたしました。
 楽しみになさっていた方ごめんなさい。

 

2018s346.JPG

   湘南台教室 10月13,14日

                      

                                      2018s347.JPG

               長津田教室 10月20日

 

   1年があっという間に過ぎてもうこの時期ね・・・と思うのですが
   毎年新たな力作をお出しくださる生徒さん方にホント脱帽です。
   特に湘南台教室はいつも皆さんが同じ時間にお顔を合わせるわけではないので
   「あら ○○さんこんなの作っていらしたの!」なんて会話が聞かれそれもまた楽し‥なのです。
   ご準備くださった役員さんはじめお立合いくださった皆さんご苦労様でした。

 

 


2018-10-18 09:38:00

 

    そしてその束の間の今月の研究日は1人新幹線に乗り神戸に出かけました。 
      長年どうしても見たいな〜と思っていた絵を見るために。
      もちろん新幹線の中はたっぷりと針仕事!朝の新幹線はサラリーマンだけで
  お喋りする人もなくとても静かで仕事がはかどります。
  往復5時間良い仕事ができました。
  平日の美術館鑑賞は最適でゆっくりとお目当ての絵を見ることができました。     
    そうして帰り足には三ノ宮 で下車しドヰ手芸店に立ち寄り洋書やクロスステッチの本を
  チェックし生地も少々購入しとんぼ返りで戻りました。
  ほんの少しの息抜きでしたが有意義な時間に満足のミソノでした。
       

     

             2018s345.JPG

                                                  中の模様が入りましたよ。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...