Report

2018-10-05 21:15:00

 

 数ヶ月前のこと長津田教室の Iさんがデパートの和食器の催事を見ていたところ
 素敵な藍染のお皿が気になり見入っているとそのお皿の下にハーダンガー刺繍のドイリーが
 敷いてあるのを発見。どこか見覚えのある・・と思ってそこにいらした作家さんにお声かけすると
 「ええ、母がハーダンガー刺繍を習っているので・・」とお話しくださったそうで
 「そんな会話をしたらどうもせんせ、湘南台のお教室の方みたいで・・」と後日私のところに報告がありました。
 翌日ちょうど湘南台教室でしたのでその作家さんのお母様であるKさんにお話ししたところ
 「そうなの、突然九谷に染め付けの勉強に行く・・と行ってしまったの。やっと独立してね・・」
 とのこと。まあぐるっと廻って素敵な出会い。
 先週日本橋三越に催事で金沢から来ていらっしゃるというので他の用がてら和食器売り場を覗くと
 九谷のイメージを覆す藍の優しい動植物の染め付けられたお皿やお茶碗が並んでいます。
 とても緻密に描かれた丁寧なお仕事の数々。もちろんご本人もいらしたので
 ゆっくりとお話もさせていただきました。
 若い作家さんが優しい穏やかなお顔の下に信念を持って同じ手仕事の世界で取り組んでいらっしゃる・・
 その様子に思わず『頑張れ!』と応援したくなってしまいます。
 お皿の下に敷かれたハーダンガーのドイリーの数々にもお母様の応援の様子が垣間見れ
 とても和やかな気持ちになりました。
 ご興味のある方どうぞブログで川上真子さんの作品を見てやってください。

 

             2018s342.JPG


2018-10-02 16:02:00

 

 自宅教室のKさんはお世話になった方々に差し上げるようにポーチを作りたい・・と
 おっしゃって夏前からずっとモチーフをお刺しになっていらっしゃいました。
 こんなポーチよ・・と持っていらしたのは通っていらっしゃる歯医者さんのものとかで
 使い勝手のよさそうな大きさ。この大きさに合うようにハーダンガーでモチーフを作って
 中央に取り付けたいの・・とのこと。
 量産は前からお得意でここまでの工程を全部の枚数やってから前に進むのよ。。と涼しいお顔。
 「せんせ、表生地、裏生地、ファスナーとかおしゃれにそろえて~」とおっしゃるので
 私の好みでよいのかしらんと思いながらモチーフの麻生地に合わせて無地ではなく柄物を
 選んでみました。中の裏生地は同系統の無地で・・ファスナーはこれまた良い感じを見つけ
 ご本人にお見せするとその日のメンバーも一緒になって、きゃあ~ファスナーの色に合わせて
 タグにイニシャル入れてつけたら可愛い~とか言いながら私も欲しい~~なんて人が続出し
 気のいい優しいKさん、できる範囲で増産され全部で20セット‼ 
 これからお仕立てに入ります。出来上がりが楽しみなのはKさん、私、の他にも相乗りした
 メンバーたち。大人可愛い素敵なポーチが出来上がりそうです。

 

 

   2018s341.JPG


2018-09-30 17:36:00

 

 ここのところPC環境を整えようとPC本体を始めiPadやらプリンターやら
 色々新しくしていたものですから中々こちらからのご案内もできずにおりました。。
 偉そうにPC環境を変え・・なんて言っていますが全てマニュアルがあるわけでなく
 変な汗をかきながら恐る恐る違うボタンを触っている状態でとりあえず
 今までできていたことは習得しなければ・・と焦りながら針も持たずに
 PCと格闘しております。

 

 そんな中でも生徒さん方のお手々は休むことなく
 今日は凄いものを紹介します。
 夏の間お休みしていらした湘南台教室のSさんの作品です。

  

  2018s339.JPG

  

  過去3点を続けてお刺しの方はいらっしゃいましたがこんなの初めて~~
  大きな生地に刺しかけの作品があれ~10ケ以上‼!それもぎりっぎりに・・・
  なんて楽しいのでしょう。全部刺しあがってカットする時が楽しみですね。 

  Sさんはこの夏1人でノルウェーのハーダンガーミュージアムまで旅に出かけた勇敢で
  好奇心旺盛な方。肩には話のタネになるようにと自作のハーダンガーのバッグをかけて
  楽しんでいらしたようです。

 


  さてhilo刺繍教室では来夏また北欧旅行に出かけることにしました。
  すでに先日旅行会社さんと打ち合わせに入りましたよ。
  年内に旅程を決めるつもりでおりますがまたまた盛りだくさんの刺繍特化の旅行を
  企てております。行きたい・・ではなく行く!という生徒さんどうぞ心のご準備を。
  募集は来年になってから致します。ぜひご一緒いたしましょう。

  
  


2018-09-22 13:40:00

 

 白の作品をご紹介しましたが大きな作品も1つお見せします。
 いつも私の影武者でせっせと針を進めてくださる自宅教室Eさんの作品です。

 

    2018s333.jpg

 

     原京子先生の『華麗なるハーダンガー刺繡』に載っているカフェカーテン”風のささやき”を
     アレンジしてピアノカバーをお作りです。
     「あれっこんなの刺してたっけ?」「そうなの、凄く昔からの刺しかけを引っ張り出してきて
     続きを刺して終わらせたの。」いつもミソノがへんな仕事を頼むものだから
     時間が取れなかったのね・・大変失礼しております。。
     こんなに大きくて全面に刺した作品。家宝ですね。ピアノにさらっとかけてあったら
     何て素敵なんでしょう。


2018-09-20 18:27:00

 

 長い夏が終わりどのお教室も皆さんお元気でお戻りです。
 「せんせ~出来ました~。」夏も手は動いていたのね~。と出来上がった作品を見ると
 たまたまでしょうがみいんな白!
 

  ご紹介しましょうね。

 

   2018s322.jpg

                             J-Sさん

 

   2018s324.jpg

                             N-Kさん

 

   2018s325.jpg

                              N-Sさん

 

   2018s326.jpg

                              N-Hさん                                                                              


   2018s336.jpg

                             S-Mさん

 

    やっぱりハーダンガーは白でしょうか。いずれも美しく糸が光っています。
    後半も皆さんよろしくお願いいたします。

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...